スポンサードリンク

紅茶の専門店に置いてある、紅茶の人気な種類のランキングを作ってみた。

紅茶は緑茶などと同じ茶葉を完全発酵させたものであり、濃い赤い色をしている水色が特徴です。

そして産地などで風味などが違ってくるので、それも紅茶の魅力の一つになります。

専門店などで人気なものも様々ありますが、基本的にはストレートそしてフレーバーティが人気があります。

スポンサードリンク

ストレートで人気があるものは、産地が分かっているものが多いです。

その中でもダントツに人気があるものは、ダージリンです。

これはインドの紅茶になりますが、シーズンが3つあります。

春摘みに夏摘みそして秋摘みがあり、それぞれで風味が違い季節ごとの違いが楽しめます。

ダージリンの中でも夏摘みはマスカテルフレーバーというマスカットに似た風味があり、とても人気がある紅茶です。

そのほかにもインドには力強い味わいのアッサムや癖の少ないニルギリなどがあり、アッサムはミルクティーなどにも良く使われます。

そしてスリランカの紅茶も多く、高山で育てられるウバやディンブラなどはサロメチール香という爽やかな風味が特徴です。

そのほかにも中国のキームンも、知名度が高いです。

フレーバーティで有名なものはアールグレイであり、柑橘系の風味があります。

そのほかにも様々な風味が付けられた、紅茶が販売されています。

紅茶のプロが認める、美味しい入れ方を調べてみた。

茶葉からエキスが抽出する事で美しい色味と香り高い紅茶が淹れられるようになりますが、沸騰しているお湯であれば全てが同じ味わいになるのではなく少しの温度差によって異なる茶葉から抽出したように感じられる程差異が生じます。

そのため沸騰し煮立ってきた様子が見受けられてもまだ火は止めずにさらに加熱し続け、しばらくしてから親指よりも少し大きい程になっている事が確認できたらガスコンロからやかんを外します。

このように煮立たせる方法に気を使うのが紅茶をより良い味に仕上げるポイントなのですが、水質についても向き不向きがあり紅茶と相性が良いのは軟水です。

ミネラルウォーターが最善であるように感じられますが、市販されているお水は硬水なので実は紅茶には不適当なので、軟水に保たれている水道水を使うようにしましょう。

また、すぐにガスの供給を止めない様子からもわかりますが、紅茶はいかに高温状態がキープできるのかが重要になるので、使用するティーカップとポットは事前に別に用意した熱湯で温めておくようにします。

そして茶葉に湯をかけて蒸らしていく時はキッチンタイマーを用意し、正確に経過する時間をチェックするようにしなければ数秒間の違いで変化が生じます。

紅茶の本場イギリスのブランドと、日本のブランドの違いについてまとめてみた。

紅茶は世界各地で飲まれていますが、日本と本場イギリスのブランドでは違いがあります。

イギリスでは1日に何回も紅茶を飲みます。

そのうち大半はティーバッグで淹れています。

そのためイギリスで人気のあるブランドは、ティーバッグ式で本格的な味を楽しめる仕様になっています。

イギリスでは時間によってティータイムの名前も変わります。

朝、目覚めたばかりのティータイムはアーリーモーニングティー、夕方にゆったりと紅茶を楽しむのがアフタヌーンティーなどそれぞれ時間によって味わい方が異なるのです。

食事に合わせやすいものや、華やかな香りを感じられるものなど幅広い種類のものを選ぶことが出来ます。

寝る前に紅茶を飲むナイトティー用にカフェインレスのものも販売されており、人気となっています。

イギリスは日本と違い硬度の高い硬水を飲んでいます。

硬水で紅茶を淹れるので日本よりも濃い目に抽出されます。

イギリスでは濃い紅茶にミルクと砂糖を入れて、ミルクティーにして飲むことが多いのです。

硬水でもストレートティーで飲みやすいよう工夫しているブランドもあります。

反対にイギリスの中でも軟水の湧き出る地方では、軟水向けの商品も販売されています。

 

スポンサードリンク