名探偵コナンにも出てくる、fbiとはどんな組織なのかを調べてみた。

名探偵コナンの作中では黒の組織と対立する赤井秀一が所属する組織として有名なfbiですが、普通の警察といったいどこが異なるのかを知らない人も多いのではないでしょうか。

アメリカ合衆国はその名の通り複数の州が集まって形作っている国であり、週によって法律や警察組織の体制も異なります。

しかし犯罪というものは州の中だけで収まってくれるものばかりではないため、州を跨いで活動できる捜査機関が必要となります。

スポンサードリンク

その州を越えた捜査権限をもつ組織が連邦捜査局・fbiです。

fbiはテロなど国家に危害を加える恐れのある公安事件も取り扱っていて、アメリカ合衆国の司法省並びに連坊法に基づいた捜査がおこなわれます。

これらの理由から、財政界にも顔が利きアメリカの州どころが国を跨いで活動する黒の組織に対抗するのは州を越えた捜査権限を持つfbでiあり、同時にアメリカという国家の安全を守るという点においてもfbiが挙げられる訳です。

FBIが出てくる、有名なアニメ・漫画・ドラマをまとめてみた。

名探偵コナン
元々は漫画家の青山剛昌氏が手掛けた推理漫画ですが現在は国民的なアニメにもなっている作品です。

この作品でfbiは主人公である工藤新一こと江戸川コナンの体を変異させた黒の組織を追跡している立場として日本で潜入捜査を行っています。

余談ですがfbiの捜査官の赤井秀一はファンから熱狂的な支持を博している人気キャラクターです。

ATARU
2012年に放送されたドラマです。

知的障害があるものの、常人とは比べ物にならない優れた能力を持つサヴァン症候群の青年であるアタルが次々に難事件を解決するストーリーで、主演はSMAPの中居正広でした。

この作品においてfbiはサヴァン症候群の能力を使って事件を解決するチームを作った事でアタルを採用したという設定で描かれています。

またアタルの親しい登場人物もfbiの関係者として登場しています。

クリミナル・マインド
10年以上シリーズ化されている海外ドラマで、fbi捜査官たちをメインにした作品として広く知られています。

間接的な関わり合いや立場ではなく堂々と登場しているところが特徴的です。

FBIの捜査官になるにはどうすればいいのかを調べてみた。

映画やドラマによく出てくるfbiは、日本でも人気があります。

fbiは、アメリカ合衆国の警察機関のひとつで、連邦法に関する様々な捜査を行っています。

アメリカの捜査官の中でもエリートなので、憧れる人も多いです。

fbi捜査官になるには、難関の試験に合格してfbiアカデミーで訓練を受けます。

この研修施設はバージニア州にあります。

研修生はアカデミーで20週に及ぶ研修を受けます。

研修生の中には企業に就職すれば高給を約束されている人も多いです。

高待遇を断ってでも国に奉仕したい人がアカデミーにはたくさんいます。

アカデミーでの訓練は過酷で脱落する人も後を絶ちませんが、適性がないと判断されれば強制的に家に送り返されてしまうこともあります。

難関をくぐりぬけて試験に合格して、さらに過酷な研修を受け厳しいトレーニングに耐えた人だけが憧れのfbi捜査官になることができます。

捜査官になるまでの過程を多くの国民が知っていることもあり、とても尊敬されています。

スポンサードリンク