スポンサードリンク

ロト7が当たる買い方を当たったことがある人に聞いてみた。

ロト7を当てるために大量購入している方は少なくありませんが、こうした買い方では当てることは困難です。

宝くじ全般はかけた金額の40%~50%くらいしか回収できないので、高額をかけるほど損をする仕組みになっています。

実際にロト7で当選した方は、10枚購入が多く見られます。

スポンサードリンク

たった10枚と思うかもしれませんが、3000円でワクワクドキドキできるなら安いものでしょう。

パチンコやパチスロだと万単位のお金を失うことが多いですが、ロト7なら自己管理がしやすいです。

購入した分以上は負けることがないので、ワクワクドキドキ料と考えるなら高くはありません。

一度に大量買いして負けると悔しいので、一度に最高10枚と考えておくといいです。

大切なのはコツコツと継続をすることなので、月に2回などと決めておくのがいいです。

計画的に購入をすること、コツコツと続けることが大切です。

あとはお小遣いの範囲で楽しむことを徹底し、貯金や借金をして購入してはいけません。

無理をするほど外れるものですから、あくまで失っても困らないお金だけを注ぎ込んでください。

あとは当選をワクワクドキドキして待つことが大切です。

当たるにしても外れるにしても、夢を感じることが大切なのです。

ロト7が高額で当たった時のどこで受け取りができるのかと受け取りに必要なものをまとめてみた。

ロト7で高額当選した場合、覚えておかなければならないのが受け取り方法です。

1口あたり5万円以下の当選金なら全国の数字選択式宝くじ売り場にて受け取ることができますので、当選券だけを持参すれば交換してもらえます。

1口あたり5万円を超えるとみずほ銀行本支店や全国の受託金融機関等でしか受け取ることができなくなり、裏面には住所や氏名、電話番号を記載して捺印をしなければなりません。

1口あたり50万円以上の当選金を含む宝くじの受け取りをする場合、本人が確認できる書類として運転免許証や健康保険証の提出が求められますし、印鑑も必要になります。

100万円を超えるようなケースでは手続きに数日間がかかりますので、すぐには受け取れないことも覚えておくようにしましょう。

換金が簡単に済むのはATMでロト7を購入した場合であり、受け取りまでが非常にスムーズです。

当選金は2営業日以内に自動的に振り込まれ、当選した人が行うべき手続きは特にありません。

一千万以上の高額当選をした場合には金融機関から連絡が入って直接本人に電話などで知らせてくれるようになっていますので、自らこまめに口座をチェックしていなくても知ることができます。

ロト7の高額が当たった時の使い道ランキングベスト5をまとめてみた。

5位「世界一周旅行」これは生きているうちに叶えたい事ですよね。

写真や映像でしか見た事のない世界遺産や各地の食べ物を、実際に確かめられます。

人生に残る世界一周をすれば、一生の宝になりますし周囲にも自慢出来ますよね。

4位「高級車の購入」いくつも所有するなんて、これもまたドラマや映画の世界ですよね。

テレビに出てくる大富豪になれる可能性なんて一握りですが、その僅かな確率をあなたが叶えましょう。

とはいっても維持費がかかってしまいますので、余裕を持った購入をしましょう。

3位「親にプレゼント」これまで親孝行を出来ずにいた分、苦労させまいと親御さんに分ける方もいらっしゃるでしょう。

旅行や高級レストランに連れていってあげるのも良いですが、現金として渡してこそ恩返しと考えるのも良いですよね。

しかし高額であればあるほど、大きな「贈与税」がかかってしまいますので注意が必要です。

2位「マイホーム」これは当選したらまず考え付くのではないでしょうか。

家賃や面積を考えて妥協しなくとも、思い通りの住まいが手に入ってしまうのですから。

とはいっても、こちらも注意が必要です。

税務署から調査が入れば多額の税金を払うパターンもあるようなので、当選したすぐに「当選証明書」を発行するべきです。

1位は「貯金」でした。

日本人は心配性ですので「何かあった時のために」と、ロト7の当選金でも備えておきたいのでしょう。

スポンサードリンク