スポンサードリンク

スカイツリーに行ったら、ぜひついでに寄りたいにおすすめな観光スポットをまとめてみた。

リフレッシュをするために観光をする人は少なくありません。

スカイツリーは見るところが多いので、そこだけで一日中楽しめるところです。

押上まで出かけるなら、ぜひともついでに立ち寄ることをおすすめめの観光スポットがいくつかあります。

スポンサードリンク

スカイツリー付近の名所:浅草

まずは浅草です。

浅草寺(せんそうじ)はもちろんですが、仲見世通りなども人気のスポットです。

様々なお店を見学しているだけでの楽しくなります。

グルメも満喫できるところです。

天ぷら、ウナギなど伝統的なお料理をはじめとして、外国人にも喜ばれるところがたくさんあります。

ホッピーなどを昼間から味わえるのも浅草ならではです。

上野動物園

次のおすすめは上野動物園になります。

パンダの赤ちゃんは日に日に成長してきています。

まだフリーでは見学できません。

あらかじめ手配をして出かけると話題性もあり、いつまでも記憶に残るところとなります。

アメ横

そして、アメ横も忘れたはならない場所となります。

これまでは海産物を中心に安く売る場所というイメージでした。

今は国際化が進み、日本の町なのがと目を疑うような感じになっています。

とにかく売り子に外国人が圧倒的に多くなっています。

時間があれば花屋敷で乗り物などを楽しむのも一興です。

国立科学博物館や東京国立博物館、江戸東京博物館も一見の価値があります。

スカイツリーに行ったら、ぜひ食べてみたい周辺のおすすめなランチスポットとは?

様々な場所を楽しみ、観光をしているうちに日々の生活でのストレスや悩み事が解消されます。

新たに頑張れることが出来るのです。

日本各地で素晴らしい観光地は存在します。

その中でも東京のスカイツリーは、国内の観光客はもちろん海外からの観光客も多く、毎日大変にぎわっています。

スカイツリーは、高さ634mあり、自立式電波塔としては世界一の高さになります。

東京タワーと比べてみると301mの高さの違いがあります。

近くで見ると大迫力、そして迫ってくるような感覚が感じられます。

スカイツリーの観光には欠かせないランチに、周辺で人気の鮮魚店があります。

野口鮮魚店は、新鮮な魚を使った海鮮丼や海鮮チラシなどが味わえます。

海外の観光客は生魚を食べてみたいと訪れる人が少なくありません。

お皿から溢れるくらいボリュームがある海鮮丼は男性にも人気があり、心もお腹も大満足になります。

ウニやいくらが贅沢に盛り付けられており、口コミランキングにも人気のレストランです。

スカイツリーへ行った際には、ぜひ贅沢な鮮魚を味わい、世界一の自立式電波塔を楽しみ、充実をした観光を楽しめる事に間違いありません。

スカイツリーと東京タワーを写真に収めるコツをまとめてみた。

スカイツリーと東京タワーは東京において、あるいは日本を代表するランドマークタワーとしても大きな存在感を示しています。

実際に登って高い場所から東京の風景を楽しむ事も観光の醍醐味ではあります。

高さを誇ったランドマークタワーだからこそ、外から見たスカイツリーと東京タワーを美しく、楽しく写真に収める事が出来るのです。

このような大きなランドマークタワーはあまり近くで写真に撮ってしまうと、全体的な像が分からなくなりその特徴がぼやけてしまいがちです。

床面に近い場所に撮影ポイントを設置して、見上げるような感じで全身像が見える程度の場所から撮影してみてください。

スカイツリーと東京タワーのらしさや特徴をしっかりと押さえた写真にする事が出来ます。

さらには、最近人気のトリック写真の手法を利用して、バックにツリーやタワーの全体像を納めて、手前に人物の被写体を置いて遠近法を利用した面白い写真を撮る事もおすすめです。

遠近感を利用すると大きな被写体を小さく見せたり、小さなモノを大きく見せることも可能です。

その他にも川や水面に映るツリーやタワーと一緒に写真を撮って違う姿を楽しむ事が出来ます。

何よりもスカイツリーも東京タワーも夜のライトアップが大きな特徴の一つになります。

遠くから東京の夜景と共にその姿を写したり、ツリーやタワーのライトアップの美しさだけを焦点にして撮影したりと美しさを残せるアングルは色々あるのです。

スポンサードリンク