スポンサードリンク

x-アプリとitunesの違いについてまとめてみました!

x-アプリはメーカーが作った音楽プレーヤーやメモリースティックに音楽や写真や動画を転送するのに使われるアプリケーションです。

itunesも同様に音楽プレーヤー向けの音楽や動画などのファイルを転送する事が可能な音楽管理ソフトウェアですが、x-アプリとは違ってマルチプラットフォームでありながら音楽ファイルなどをストアで購入出来る仕組みが整っています。

両者共に似たような機能が搭載されていますが、広く普及しているのはitunesの方であり、メーカーが発売している音楽プレーヤーだけでなく、スマートフォンやタブレットへのファイル転送にも使えますので幅広い用途で使えるのが利点です。

スポンサードリンク

x-アプリは公式サイトでの配布を終了していますので、代わりに使えるソフトウェアとしてitunesは選択肢として有望です。

x-アプリからitunesにファイルを移動させるには、itunesを起動させて「ファイル」「フォルダーをライブラリに追加」の順で辿っていき、x-アプリのフォルダを指定するだけです。

この作業で音楽・写真・動画のデータをスムーズに移行させる事が出来ますので、これらのデータを管理するのに困る事はほとんど無いでしょう。

x-アプリをWindows10に入れる方法(ダウンロードからインストールまで)をまとめてみました。

x-アプリはWindowsに対応したパソコン上で使えるパソコンから音楽プレーヤーへと音楽や写真や動画のデータを転送する事が出来るソフトウェアですが、Windows 10で使うには、対応している音楽プレーヤーのみでしか使う事が出来ませんので注意が必要です。

x-アプリをダウンロードするには、音楽プレーヤーを発売しているメーカーの公式サイトにアクセスしたダウンロードをします。

x-アプリはダウンロードした実行ファイルをダブルクリックして、インストーラーを起動させて、指示通りに作業を進めていきます。

インストールが完了すれば、次回からはメニューやデスクトップ画面にあるアイコンからソフトウェアを起動させて使う事が出来ます。

ファイルを取り込むには、「CDから取り込み」でパソコンの光学ディスクドライブにCDを入れて取り込んだり、既にパソコン上にあるファイルを取り込んだりする事が可能です。

x-アプリを使う事で効率的にファイル管理が出来ますので、いつでも聴きたい音楽や動画、見たい写真を再生させる事が出来て便利です。

x-アプリを活用する事でパソコン上で再生したり、音楽プレーヤーに転送して持ち出したりといった事が容易に出来るのが利点です。

x-アプリでiphoneを同期する方法をまとめてみた。

x-アプリというのはウォークマンやなどの製品へ音楽や写真、動画などのデータを転送することができるソフトです。これはソニー製品を使っている人は知っているかもしれませんが、iphoneに変更した場合、また音楽や写真を取り込み直さなくてはならないと考えられていました。

しかし実際はx-アプリからiphoneへ転送して同期をすることが可能です。基本的にx-アプリはパソコンに保存されている音楽や写真を使うため、それを媒体として転送を行うということです。もちろんそれにはアプリが必要になりますが、そのアプリをパソコンに取り込んで使用します。

x-アプリでiphoneを同期する方法は、まずx-アプリを起動して一覧を見ることができ、そこから転送したい音楽や写真を選択します。

パソコンに入れたアプリを使用してiphoneを接続させます。

そうすると中にある音楽や写真の一覧を確認することができ、そこで転送すればデータを追加できます。

このようなアプリを使用することで簡単に同期を取ることができ、これまで使っていた音楽や写真を利用できるのです。

これまで音楽を聴いていたものをもう一度取り込んで作成する必要もなく同期が可能なのです。

スポンサードリンク