スポンサードリンク

PDFを、WordとExcelに変換するやり方をまとめてみた。

ビジネスの場にいるとPDFファイルによく出会いますが加工するためにはEXCELやWORDに変換しないといけません。

もちろん編集できないという点がPDFの利点ではありますが、とはいうものの他人が作成したものを自分用に編集する事で業務効率化を図れる事もありますね。

PDFを素早くEXCELに変換するのでしたらADOBEのAcrobaがあります。

表計算シートにデータを再入力するといった無駄な作業は発生しませんし、オフィス内でも外出先でもPDFの表を書式を維持したままでMicrosoftのEXCEL方式でファイルを保存する事ができるため、すぐに仕事に取り掛かることができるので仕事の効率化という観点で非常に強い味方となってくれるツールです。

スポンサードリンク

WORDの場合は基本的に文字だけであれば簡単にできる場合が多いですが文字認識処理のOCR機能がついているものであればあまりソフトウェアによる違いはありません。

スキャナで作成したものや画像が入ったものなど文字コードがないものでもOCRであれば文字を認識してくれるためWordに変換する事が可能です。

これを使えば時間短縮につながるためビジネスの場で有効活用する事ができるソフトウェアです。

WordとExcelのデーターをPDFにする方法をまとめてみた。

ビジネスの場にいるとオフィスソフトをPDF化したいシーンが結構頻繁に出てくるものです。

オフィス2007以前のソフトを使っていた場合は他のアプリケーションソフトを用意したり専用のアプリケーションソフトをインストールする必要がありましたが、オフィス2010以降はワードやエクセル、パワーポイント、ワンノートなど全ての文書をPDF形式で保存できるようになりました。

方法も至って簡単でまずリボンにあるファイルタブをクリックして、名前を付けて保存をクリックします。

ファイルの種類をクリックして、PDFを選び、あとは保存をするだけと非常に簡単です。

この保存するときに最適化という項目がありますが、ここではPDFファイルをどう保存か指定する事を指します。

画面に表示するだけでなくてプリントアウトするならば標準(オンライン表示および印刷)にしたほうがいいでしょう。

画面で見るだけであれば最小サイズにする事でデータのサイズを最小限にする事ができます。

PDFファイルの印刷する際の品質を高くするかファイルのサイズを優先するかで選ぶのが適切です。

特にファイルのサイズを意識する必要がなければ標準を選択しておくのがいいでしょう。

結構簡単にPDF化する事ができますので活用される事をおすすめします。

PDFを編集できる、無料・有料ソフトを探してみた。

PDFはとても便利で、書式が一定化されるので見やすくて資料の確認が容易になります。

PDFの編集ソフトには無料と有料とがあり、有料の方が機能が高いですが無料でも十分に様々な用途に活用することができます。

PDF形式にすると、ビジネスに必要なデータがとても見やすくなって、図やグラフの確認を便利に行うことができます。

PDF形式のデータにすることで、情報の共有も楽になります。

同じ形式のデータの確認はより短時間で行うことができて、情報の共有力を高めてくれます。

PDFの編集ソフトはページ分割機能や文字の拡大や編集を行うことができて、より見やすいビジネスデータにすることができてビジネスシーンで大活躍します。

ビジネスデータは変更されることもあります。

PDF編集ソフトの活用によって、ビジネスデータの変更も容易になりビジネスがより効率的になります。

ソフトの活用がビジネスに与える影響はとても大きいです。

ビジネスデータの編集は臨機応変に行う必要があります。

より分かりやすいグラフにすることで、ビジネスの売り上げを上げることも可能となります。

PDF編集ソフトは豊富なグラフ機能も魅力で、様々なグラフを使い分けることも可能にしてとても便利です。

スポンサードリンク