スポンサードリンク

officeソフトの中での、オススメのメーカーをまとめてみました。

パソコンで仕事やデータ管理をする以上、officeソフトは不可欠です。

以前ならば、パソコンにプリインストールされているのが常でした。

ただ低価格志向の波もあり、最初からついていないパソコンも多く、注意が必要です。

スポンサードリンク

あとから導入するのであれば、メーカーごとの違いも踏まえておくと、失敗するリスクが減ります。

やはりもっともメジャーなのは、代名詞でもあるマイクロソフト製です。

他人とデータをやり取りする際に、もっとも安心できますので、基本的にはこれを押さえておくといいでしょう。

ただ、かなり高額なのは玉に瑕です。

予算に余裕がない場合は、キングソフト社製のofficeソフトもおすすめです。

これはマイクロソフト製とほぼ同じ機能が使える上、データの互換性も問題ありません。

ただ、文章の校正など一部機能が付属していないため、これが必要ならば避けるべきです。

基本的にこの2社の製品を軸として考えておけば、officeソフト選びを誤ることはないでしょう。

officeソフトの違いについて、まとめてみました。

パソコンのアプリケーションの代表格はofficeソフトです。

多くのパソコンメーカーにおいて、初期アプリとしてofficeは導入されています。

互換性も高いですので、汎用的なソフトとして利用価値も高いといえます。

officeソフトはword,excel,outlook,powerpointから構成されているケースが多くなっています。

wordはワープロソフトで、事務連絡文章を作成する際に重宝します。

多くの企業、官公庁において事務文書はwordで作成されています。

excelは表計算に優れたソフトです。

計算式を導入して、数値の解析などを行うこともできます。

また、表やグラフを入れた文章を作成するのにも適しています。

outlookはメールソフトです。

インターネットを通じてメールのやり取りが可能です。

powerpointはexcel以上にビジュアルな文書を作成できるプレゼンテーションに特化したソフトです。

上級者が使う、officeソフト一覧をまとめてみました。

officeソフトはマイクロソフト社の販売するオフィス用のソフトを指します。

1983年当初はワードの名前で発売され、1989年6月にはMac用が発売されワードとエクセル、パワーポイントが含まれていました。

Windows用は1990年10月からデスクトップ製品で他にもアウトルックやアクセス、パブリッシャーなども加わるようになりました。

中でもワードとエクセルは良く知られ一般のスペシャリストと上級向けのエキスパートという2つのレベルが用意されています。

一般レベルは文字サイズやフォントの変更、表の作成や編集、文書の印刷など基本的な機能を身につけることが出来ます。

上級レベルはスタイル機能や目次・索引作成などの長文、他のソフトからのデータの取り込みなど高度な機能が含まれます。

表計算ソフトのエクセルでは一般レベルは数式及び基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフの作成などの基本操作が中心となり、上級レベルではデータ分析や条件付き書式、入力規則の設定、マクロの作成や編集など高度の機能を身につけることが出来ます。

ただ上級向けだけでなく2つのレベルは身につけておく必要があるとされます。”

スポンサードリンク