スポンサードリンク

jpegのサイズ変更・圧縮ができる無料サイトを、探してみた。

JPEGのサイズを変更または圧縮する無料ソフトはたくさんあります。

まずWindowsに標準で備え付けられているペイントです。

ペイントは画像のサイズを変更したり圧縮したりすることができます。

スポンサードリンク

絶対値でピクセルを指定する方法に加え、百分率でパーセント指定することも可能です。

ペイントを使用するメリットは、Windowsに既にインストールされているので、新たにソフトウェアをインストールする必要が無い点です。

すぐに作業を始めることができるので、手間がかかりません。

ペイントのほかにはGIMPがあり、これでも画像の大きさを変えたり、圧縮したりすることができます。

画像を選択して、画像のサイズを変更したり圧縮することができます。

拡張子をJPEGから別のものに変えて保存することも可能です。

またこのGIMPには画像を高度に編集する方法がいくつもあります。

JPEG画像を合成したり、編集したりできる機能がある上に、オープンソースで無料なので簡単に導入することが可能です。

WindowsだけでなくMacやLinuxでも使用することができるため、使用するパソコンのOSを選びません。

Windows以外のパソコンを利用している方にはおすすめできます。

JPEGの編集(カット・合成など)できる、フリーソフトを探してみた。

JPEG画像を編集するフリーソフトでおすすめなのは、GIMPです。

GIMPはOSがWindowsでもMacでもLinuxでも使えるオープンソースのフリーソフトです。

その性能はフォトショップと同じレベルで、プロも納得できる編集が無料で行うことができます。

例えば、JPEGに文字を挿入して装飾することでYouTubeのサムネイル風の画像を作ることも簡単にできます。

それだけでなく、JPEGを切り取って別の画像と貼り付けることで、合成写真を作ることも簡単です。

ただし、操作には慣れが必要で、操作方法の解説サイトを読みながらでないと、初心者の方には難しくなるでしょう。

しかし、GIMPはオープンソースで作られているので、内部の構造が良くわかり、マルウェア等の感染リスクを防ぐことができます。

オープンソースだから自分でプログラムを改変または改造することも可能です。

なによりLinuxでも起動する編集ソフトなので、Windowsを購入するお金が無い方でも安心して画像を編集することができます。

既に画像編集ソフトの中でも有名なソフトなので、使用方法を解説しているサイトも数多くあるため、これから始める初心者の方でも安心です。

JPEGを印刷するときに役に立つ、有料ソフトを探してみた。

プリントワークマンは、JPEGをはじめとしたWord、Excel、PDF、Webページ、BMPなどの形式のファイルの印刷出力を縮小させることが可能で、最大8ページを同一紙面に印刷させることができます。

機能性が高いので普段から複数枚の印刷を同時に行っている方などは用紙とインクの大幅な節約を行うことが可能になっています。

またExcelを利用しているユーザーなどは、複数のシートを同一紙面に印刷することも可能で、コンパクトで読みやすい会議資料を簡単に作成したい方に向いているソフトです。

縮小印刷の範囲としては、等倍から1/2倍、1/4倍から1/6倍、1/8倍に縮小して1~8ページを同一の紙面に印刷することが可能です。

縦書きの文書にも対応しており、小冊子の印刷にも向いています。

小冊子を利用する場合は中綴じホッチキスを併用することで簡単に作成することが出来るので、様々なビジネスシーンに役立つ印刷ソフトとなっています。

初めて利用する場合は、試用期間のみ無料で利用することができますが、試用期間後は1ヶ月版で500円、1年版で4,980円、3年版で12,800円のオンライン版の他に、パッケージ版を購入する方法もあります。

スポンサードリンク