スポンサードリンク

IS(インフィニットストラトス)のストーリーをまとめてみた。

インフィニットストラトスは、弓弦イズルさんが書くライトノベルです。

アニメ化もされ、ベストセラーにもなりました。

ストーリーは、既存の兵器をはるかに凌駕する兵器が開発された世界のお話です。

スポンサードリンク

この兵器の名前は、タイトルにもなっているインフィニットストラトスです。この兵器は女性にしか動かすことができないという特徴があり、物語の中では女尊男卑の世界です。

この女性にしか動かせないはずの兵器を、主人公で男性の織斑一夏が起動させることができました。

本来なら女性しか入ることができないIS学園学園に強制的に入ることになり、彼以外は全員女性という環境の中で学園生活を過ごすことになりました。

幼馴染の篠ノ之箒は当初適性がCだったのにも関わらず短期間でSになるほどの実力の持ち主です。

他にもセシリア・オルコットや凰鈴音、シャルロット・デュノアや更識楯無といったヒロインたちが登場します。

個性的な教官などが登場する中、唯一男性でインフィニットストラトスを起動できたという興味の的になりながら、様々な日常や闘いの日々が始まりました。

インフィニットストラトスを強奪する組織や、公式なところから姿を消した開発者などそれぞれの思惑が絡み合うストーリーです。

IS(インフィニットストラトス)のアニメで登場する、IS機体の紹介を書いてみた。

「IS(インフィニットストラトス)」とは、日本のライトノベル作品。

題材とした漫画やアニメーションもあり、作者である弓弦イズルにとってはデビュー作です。

物語に出てくる世界最強の兵器は、作品のタイトルでもある「IS」と呼ばれており、女性にしか反応しません。

この兵器が出現すると、これまでの男女の立場が逆転してしまい男尊女卑の世の中になります。

主人公は織斑一夏という男性なのですが、間違えてIS操縦者育成学校の試験会場に入室してしまうのです。

男性であるものの強制的に入学させられるところから物語が始まります。

そんなISですが、元々は宇宙空間でいかなる状況でも動けるような「宇宙服」を目的として作られました。

しかし抜群な性能を持っているため、世界中での研究開発が行われるようになったのです。

ISは世界中で467機で、優れているものばかりではなく中には燃費が悪かったり実験機としては使用出来ない機械も多く存在します。

女性だけが起動可能なシステムである事から、軍事や防衛活動には主に女性が活躍する事になります。

その中で例外なのが織斑一夏で、一夏専用機の名称は「白式」。

また、動力源の詳細や女性のみが動かせる理由は不明とされています。

IS(インフィニットストラトス)のアニメ版とアプリ版での違いについてまとめてみた。

インフィニットストラトスのアニメは、主人公が女性しか反応しない兵器を使いこなすことができる唯一の男性であることで展開するストーリーです。

基本的にアプリ版でもこのストーリーが踏襲されており、主人公以外は女性キャラクターになっており、いわゆるハーレム状態となっています。

異なる点は、キャラクターの豊富さです。

アニメでも、主人公の通う学校には各国の代表候補性が留学生として在籍していますが、アプリ版でもアニメに登場しない国の代表候補性も登場します。

例えば、ブラジル代表候補性のグリフィン・レッドラムや、ギリシャの代表候補性のベルベット・ヘルといったキャラクターは、アニメ版には登場しないキャラクターです。

オリジナルキャラクターもアニメ版と同じように、豪華声優陣がキャストをしているため、キャラクターの魅力度は高いです。

ゲームは原作のスピード感を再現している他、ストーリーも解説がなされながら進んでいくため、原作を見たことがないという方でも楽しめる内容となっています。

もちろん、アプリ版オリジナルのストーリー展開も多数用意されているため、原作ファンでも新しい魅力を知ることができる内容になっているのが特徴です。

スポンサードリンク