スポンサードリンク

FLACが使える音楽再生機器を探してみた。

オープンソースで公開されている音声コーデックのFLACは可逆圧縮ですので、元の音源から変換した場合においても劣化が無いのが特徴です。

これに対応した音楽再生機器は数多く登場しており、国内の大手メーカーから海外の人気メーカーまで幅広いメーカーが商品を発売しています。

FLAC対応の音楽再生機器を探す上で注目しておくべき事は、FLACの他にも様々な音声コーデックに対応しているプレーヤーを選ぶ事です。

スポンサードリンク

AACやMP3は、有料の音楽配信サービスで購入した音楽ファイルで一般的に使われている音声コーデックであり、近年では全ての音楽プレーヤーに採用されています。

FLAC対応の音楽プレーヤーにも採用されていますので、それほど気にせずに購入する事が出来るでしょう。

FLAC対応の音楽再生機器は、コンパクトな音楽プレーヤーやコンポタイプのプレーヤーなどユーザーの用途に合った物があります。

コンポタイプは音の広がりや深みを引き出しやすいですので、FLACを使った音楽ファイルの良い部分を最大限に引き出す事が出来るでしょう。

ポータブルタイプは持ち運びに便利であり、ポシェットやポケットなどに入れておく事が出来ますので、いつでも迫力のある音で音楽を楽しめます。

FLACの音声データーの特徴をまとめてみた。

一昔前であればデジタル音源といえばMP3が有名でしたし、現在でもMP3の再生に対応したデジタルオーディオプレーヤーやスマートフォンは数多くあります。

MP3は比較的データ容量の小さいファイルということでデータを大量に持ち運べるメリットがある一方で音源が圧縮されているため、音声があまり良くないというデメリットがあります。

音質に拘りたいという人におすすめなのがFLACという音源ファイルなのですがこの音源ファイルにはどのような特徴があるのでしょうか。

FLACの最も大きな特徴は音楽ファイルをデジタル化する際に可逆圧縮データであるため、音声角劣化がないという点になります。

近年ではハイレゾ音源などの超高音質のデータが注目されていますが、FLACはこのハイレゾ音源に近い性質を持っており、デジタル音源でありながら音の劣化がないため、オリジナルの音源の遜色がなく音楽性を楽しむことができるのです。

一方でFLACはMP3の音源データと比較するとファイル容量が圧倒的に大きくなっているため、もしもスマートフォンなどでFLACの音源データを再生する場合には大容量ストレージの端末やSDカードなどを用意する必要があります。

FLACの使うメリットとデメリットをまとめてみた。

FLACを使い楽曲を圧縮するメリットは、音質が劣化しないことです。

情報損失がない可逆圧縮技術なので、他の形式と比べて劣化が発生せず良い音質で楽曲を聴くことができます。

少しでも良い音質でお気に入りの音楽を聴きたいなら、FLACを使って圧縮するのがメリットです。

反対にFLACを使うデメリットは、ファイルサイズが大きくなることです。

例えばMP3なら、人間の可聴域外の音を取り除きながら圧縮します。

そのためファイルサイズを小さくできるので、容量を節約することが可能です。

それに対しFLACは、可聴域外の音もそのまま圧縮します。

その結果MP3に比べるとファイルサイズが肥大化し、保存したプレイヤーの容量を圧迫する原因になります。

FLACを使い圧縮するなら、容量の大きなプレイヤーを用意しなければいけません。

ファイルサイズの他にも、FLACには知名度が低いデメリットがあります。

一般的に音楽ファイルの形式と言えばMP3で、世界的にも普及し多くのプレイヤーやスマートフォンなどで再生することができます。

しかし普及が進まないFLACは、知名度が低く未対応のプレイヤーやスマートフォンも少なくないので、使用できる再生機器が限られるのはデメリットです。

 

スポンサードリンク