セルフネグレクトとは?その原因と対応方法について

最近セルフネグレクトと言う言葉を聞く事が多いです。

セルフネグレクトとは一体どんな状態を指すのか知っていますか?

育児放棄をネグレクトと言いますが、それを自分自身に置き換えた言葉なのです。

スポンサードリンク

つまり自分がやらなくてはいけない、日常生活のことを放棄してしまうことなのです。

メディアでよく目にするゴミ屋敷なども、セルフネグレクトが原因と言われています。

精神的に何かショックなことがあったり、うつなど心の状態が原因のことが多いです。

これを脱却する方法は、第三者が間に入ることが重要になってきます。

自分では気づかなかったり、家族ではなかなか対応できないことが多いのです。

そのため、自治体で相談できたりする場所もあります。

どうしたら良いのかわからなく辛い時は、客観的に対応してくれる人にきちんと相談することで、抜け出せるかもしれません。

相談するのも勇気がいりますが、一歩踏み出せばきっと心身共に健康的な生活が待っているでしょう。

高齢者のセルフネグレクトが問題に!支援を拒むケースも。

高齢者になると認知症やうつ病などの発症の確率が高くなり、今まで普通に出来ていた日常生活がままならなくなってきてしいます。

具体的に見えてくる状況としては、汚れても衣類を交換せず、不衛生な状態になってしまうこと、

ゴミが片付けられずゴミ屋敷と化してしまうこと、病気やケガをしても、医療機関を受診せず

放置してしまうことなどがあり「セルフネグレクト」と言われ社会的に大きな問題となっています。

この状況になった高齢者は、判断能力が低下している場合や人の助けを受けたくないという気持ちが強い場合があり、

他者の支援を素直に受け入れることが出来ず、拒んでしまうケースが多いです。

病気の罹患や孤独死、火災などの確率が高くなってしまうため、放っておくわけにもいきません。

現在、セルフネグレクトの方に対する支援方法を検討している最中ではありますが、

行政や医療機関、福祉機関、地域住民などが連携して対応していかなければならないことは明白でしょう。

高齢者だけでなく若者もセルフネグレクトに!支援方法は?

高齢者になると、ゴミを片付けられずに溜め込んでしまったり、何日も同じ服を着こんで汚れた状態になったりしてしまいます。

また、病気やケガをしても受診せずに重症化してしまう場合もあります。

これは、認知症やうつ病に罹ることで適切な判断をすることが出来ずに放置してしまう「セルフネグレクト」という状態です。

高齢者のみに限らず、若者でもうつ病や精神病に罹る可能性があり、年々増加傾向にあるとも言われています。

高齢者への「見守り」と違い、気掛かりにしてくれる人が少ない分、若者は重症化してしまう可能性も高いのです。

このような若者を救済する支援方法として中心の立場になるのは、家族や行政の福祉課の人たちとなるでしょう。

「セルフネグレクト」に悩む若者に対して、介護保険のように支援方法が充実されていない状況ですので、

本人の意思を傾聴しながら、それぞれが専門的な立場の知識と経験を活かして対応していかなければなりません。

スポンサードリンク