スポンサードリンク

針治療が行える、有名な病院を探してみた。

近ごろでは、仕事の忙しさによる疲れやストレスなどで肩こりや腰痛に悩んでいる人々が多く見られます。

肩こりや腰痛、そんな問題を解決してくれると選ばれているのが、

針治療です。

スポンサードリンク

質の高い安全な針治療を行っている病院は、沢山あります。

中でも圧倒的な効果を期待できると喜ばれている病院があります。

 

それは、経験豊富で熟練したスキルを身につけた専門医が在籍している病院です。

専門医がいる病院では患者一人一人の体質やライフスタイル、ニーズに合わせて最適の針治療を提案しています。

初めて受診する人も安心して任せられるのです。

その他にも、リーズナブルな診察費用でお手頃な病院も人気を集めています。

患者のプライバシーに配慮することで、周りの目を気にすることなく個室で治療を受けられる点も、大きな魅力となっているのです。

痛みに弱い人でも快適に針を使った手法で筋肉のコリをほぐして関節を柔らかくできます。

そのため、非常に頼りになる存在として親しまれているのです。

辛い肩こりや腰のハリなどの不快感に苦しんでいる人々にとって、針治療に定評のある知名度の高い病院を選ぶことで後悔のない結果を得ることにつながります。

心身ともにすっきりとリフレッシュできると評価が高いというわけですね。

針治療のメリットとデメリットをまとめてみた。

肩こりや腰痛等のお悩み解消方法の一つに、針治療があります。

針を刺すというと怖い印象を持つ方もいるかと思います。

しかし、実は髪の毛よりも細い針で幹部を刺激する為、怪我をすることはありません。

ツボに針を刺し、刺激を与えることで血流やリンパの流れを改善します。

その結果、筋肉の緊張がほぐれ、肩こり、腰痛、頭痛などつらい痛みを緩和させます。

効果の高さが期待される治療方法の一つですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

針治療のメリット

一般的に言われる最大のメリットは、痛みの改善です。

マッサージでは表面を刺激する事しか出来ません。

針を使用することで凝った部分に対し直接的に刺激を入れることが出来ます。

また、肩こりであれば、肩の筋肉の緊張だけではなく、目の疲れも大きく影響していることがあります。

こうした複合的要因に対して一気に働きかけることが出来るのも大きな特徴です。

針治療のデメリット

一方、デメリットとして治療後の倦怠感が挙げられます。

これは、身体が疲れてしまったのではありません。

急激に血流やリンパの流れが良くなったことに対する好転反応の一つです。

今まで血流が悪い状態で動いていた各臓器等が、急激に良くなった血流についていけずにバランスが崩れてしまった状態です。

時間がたつと安定してくるので、心配はいりません。

治療後の倦怠感を少なくするような施術方法もあります。

倦怠感を感じる方は事前に聞いてみる方が良いと言えます。

針治療を行う際の料金と医療費控除ができるのかどうのかを調べてみた。

針治療を行うときの料金の相場は、地域によってやや異なる面があるものの大体の相場の目安が決まっています。

1回の診療において目安となる値段は3,000円から5,000円程度となっています。

東京23区においては診察料が5,000円から6,000円程度とやや高めです。

初診料が2000円程度となっていることが多いです。

中には無料で行っているところもあります。

地方の相場は東京よりもやや安く千円くらい割り引かれた値段で利用することができます。

中には1万円を超える治療費を請求されるところもあります。

針治療の価格は比較しながら検討してみることがおすすめです。

医療費控除に関しては、一部については行っているところもあります。

基本的には自由診療である場合が多いです。

神経痛・リウマチ・五十肩・腰痛・むち打ち症などの場合は針治療を行った後でも保険が適用されることが多いので相談してみるのがおすすめです。

健康保険が適用されるには医師の同意書が必要になることを留意します。

鍼灸院によっては健康保険そのものを取り扱わないということもあり、こちらも事前に問い合わせておくことが重要でしょう。

住んでいるところの自治体により、鍼灸の助成制度を設けているというところもあるので自治体に問い合わせてみることも一つの方法です。

スポンサードリンク