スポンサードリンク

成績が上がらないなら試したい薬剤師国家試験に受かる勉強法&ノートの作り方

薬剤師国家試験とは、薬学に関する幅広い知識が問われる試験で、薬剤師国家試験の合格率は平均的に60%~80%ほどとなっています。

一見合格率が高く簡単そうに見えますが、大学の科目も取る必要があるので膨大な量でレベルも高い試験です。

薬剤師になるには大学の成績がまずは、第一関門と言ってもいいです。

スポンサードリンク

大学の成績が上がらない方は、自分が分からなかったところをノートに

色ペンで書き写し、何度も繰り返し解くことが重要になってきます。

その理由は、暗記科目が多いからです。

あとは、予備校に通うことも合格への近道です。

予備校の授業は、薬剤師本試験に出るであろう問題を選別しているので、効率よく勉強できます。

大学や予備校で出た問題を繰り返す解くことで徐々に暗記できるようになっていきます。

また、自分が解けなかった問題をノートにまとめておく、詳しく言うと、問題をページの左側に書き、答えを右側に書く。

そして答えを隠しながら解く、というような勉強法が必要になっていきます。

ぜひ、この勉強法を活用して、薬剤師国家試験に合格しましょう!

30歳女性の薬剤師の平均年収はどれくらい?

薬の専門家として医薬品全般の知識を持ち合わせた薬剤師は、調剤や正しい服用法の指導を行う医療従事者です。

多種多様な医薬品が流通している現代の医療環境の中で、一般の人が正しくかつ効果的に薬を利用するために薬剤師は欠かせない存在と言えます。

薬剤師の多くは病院や調剤薬局、ドラッグストアなどに所属していますが、製薬会社や学校などの公共機関で働く薬剤師もいます。

また薬剤師は、細かい業務や患者さんと接する機会も多いので、心配りが必要な職業でもあるので多くの女性が活躍しています。

薬剤師として働くに当たって気になるのは収入額ですが、薬に関する専門知識を有しているだけに他の職種に比べると薬剤師の年収は高めです。

病院やドラッグストアなど環境によって多少の差はありますが、30歳の女性薬剤師の場合なら450万円から500万円くらいが平均年収になります。

薬剤師の仕事は続けることで知識やスキルが増えていきますので、30歳の女性の場合さらに年収アップの可能性もあります。

未経験でも病院薬剤師に転職できる?求人はあるの?

未経験で病院薬剤師への転職は難しいと考えている方も多くいます。

ですが薬剤師の勤務経験がないからといって、転職できないわけではありません。

実際に未経験の方であっても、病院薬剤師として働き始めている方も多くいます。

例えば薬剤師求人サイトを見てみると、勤務経験の指定や年齢も関係なく募集していることがわかります。

ここで問題になるのが、なぜ病院薬剤師への転職が未経験だと難しいと言われるのかということです。

その理由の1つが、大きな職場で働きたいと考えている方が多いことです。

大きな総合病院なら仕事が安定しているとの考え方から、求人に応募する方も多くいます。

求人に応募する方が多いため、経験者も含めてさまざまな方が仕事を求めています。

そのような人気の職場に応募したら、転職しにくくなるのは当たり前のことです。

逆に言えば、病院薬剤師でも倍率の低い職場に応募することで仕事を見つけられる可能性が高くなります。

応募する求人を選ぶことも大切です。

薬剤師国家試験の難易度と合格率は?

薬剤師になるには薬学系の大学で6年間学び、薬剤師国家試験に合格しなければいけません。

この薬剤師国家試験は年に一度3月に2日間の日程で実施されます。

難易度は受験する年によっても若干変わりますが平均的には60~80%が合格しています。

数字だけみると薬剤師の合格率は高いように思えますが、これは大学の試験に合格しないと国家試験を受けることができないからです。

大学が国家試験の受験者を絞っているのでこのような合格率になります。

薬剤師国家試験の合格率は大学によって違います。

合格率のいい大学は95%を越えています。

逆に合格率が60%くらいしかない大学もあるのです。

この薬剤師合格率の違いは、大学によって薬剤師国家試験の対策にどのくらい力を入れているかの違いです。

このように薬剤師国家試験対策に力をいれる大学もあれば、研究機関や製薬会社で活躍できる人の育成に力を入れている大学もあるからです。

自分が将来目指す方向と、大学が目指す目標やカリキュラムが一致していることが大切です。

受験する前によく確認しましょう。

薬剤師に英語力が必要な時代に!勉強法は?

英語力を活かした薬剤師の求人もあります。

一般的には薬剤師は医療職なので英語を使う機会は少ないですが、外国人の患者が多い調剤薬局や病院では英語で薬の説明をする必要があります。

製薬会社などでも英語を話せる薬剤師の需要が増えています。

臨床試験を海外で行ったり、外資系の製薬会社では上司、同僚に外国人がいるのはもう当たり前の光景になっています。

医療機器、商品の詳細が英語で書いてあることは珍しい事ではありません。

なのでこれを読むことで業務上で使える実務的な英語能力を身につけることが出来ます。

休みの日や仕事終わりに語学学校に通うこともお勧めです。

ネイティブの先生に教えてもらうことで実用的な英語を学習できるのです。

留学は手軽には出来ませんが、思い切ってしてみると不自由なく英語で会話が出来るようになるでしょう。

実際に経験することで早く英語を習得できます。

このようにして英語力がつき何不自由なく会話ができるようになってその英語力を日本で活かして働くことは出来ます。

しかし海外の病院や薬局で薬剤師として働きたくても、日本で取得した薬剤師の免許は海外では有効ではありません。

国によってもまた違いますが大学に編入するか、1から大学に入学しその国の薬剤師試験を受ける必要があります。

スポンサードリンク