頻繁に起こる老犬の痙攣の対処について

老犬になると体力が衰えて立ち上がるのもつらい状態ですから、体が震えることがありますが、それとは別に痙攣が起きることもよくあります。

頻繁に起こる痙攣は、てんかんが原因であることが多いのですが、それにどう対処するのかというと、静かに見守ることです。

てんかんの場合には、下手に揺さぶったり、気道を確保しようとしたりすると、かえって刺激を与えてしまい症状が悪化してしまう恐れがあります。

スポンサードリンク

やるべきことといえば、痙攣をしている間に、何かにぶつけたり、口に入ったりしないように周りのものを片付けることです。

 

それから痙攣が起きている時間を計っておきましょう。

時間がなぜ大事なのかというと、老犬の痙攣ではもうひとつ、心臓病である可能性があるからです。

てんかんよりも心臓病のほうが発作は短く、1分から2分で収まります。

時間が短ければ安心なのかというと、命にかかわる危険性がありますから、すみやかに病院へ連れて行くべきです。

老犬の食事について 回数や手作りレシピを大公開!

年をとると誰しも食が細くなっていくものですが、老犬もこれまで食べていたドッグフードを食べなくなってしまったり、軟便や下痢をしてしまうようになることが珍しくありません。

これは代謝が減ることや消化吸収能力が落ちること、顎の力が弱くなってしまうことなど様々な原因が考えられますが、このような時の食事で大切なのは効率よく栄養摂取をさせてあげることです。

 

まずポイントは食事の回数です。

朝と晩の二回に分けてあげていたような場合は、量自体は変えずに、朝、昼、夕方、夜というように4回に分けてあげることで、一回の食事量が減り、消化しやすくなります。

またドッグフードに対する食いつきが悪いのであれば手作りレシピを試してみるとよいでしょう。

 

老犬の栄養管理のポイントは、低カロリー、低脂肪、良質なタンパク質となっています。

細かくした鳥むね肉やキャベツ、ニンジンをゆでて、その上にすりおろしたリンゴやヨーグルトをかけてあげるスープなどは、消化も良く食べやすい上に水分補給も同時にできるはずです。

老犬の散歩で注意すること!距離や頻度について

犬も人と同じで年を取ると体力や筋力が落ちてきてしまいます。

元気だからといつまでも同じように長い距離を散歩したり、毎日欠かさずといった頻度で散歩をしてしまうと老犬の場合は気づかないうちに疲労がたまってしまって病気などになってしまいやすくなる可能性も出てきてしまうので気を付けてあげる必要があります。

 

特に寒暖の差には注意が必要です。

夏の暑いときには老犬も人と同じように熱中症になりやすくなってしまいます。

犬は自分から症状を訴えることはできません。

さらに人よりも地面に近い位置にいるのでアスファルトからの放射熱などを人以上に感じてしまうので、夏の暑い時期に散歩をする場合には、朝の涼しい時間帯や夜になってからなど、アスファルトが冷たい時間帯に散歩をするとよいでしょう。

無理な頻度で散歩をするのではなく、老犬の大量を考えて外に連れて行ってあげるようにしましょう。

また距離に関しても歩きたいだけ歩かせるのではなく、老犬になったら体力を考えてあげてだんだんと短くしてあげることが大切です。

スポンサードリンク