知ってますか?自転車保険の加入義務化される自治体があります

自転車保険は万が一自分が加害者となった場合にも、様々な面でサポート行ってくれるサービスです。

あくまで任意で入るべきものですが、加入の義務化を進める自治体は年々増加しています。

これにより改めて注目を集め、道路交通法の改正も相まって、誰もが無関心ではいられない事柄になりました。

スポンサードリンク

 

その理由としては、トラブル時の賠償金が高額化の傾向にあることがあげられます。

事例によっては1億円近い賠償命令がくだされたこともあり、深刻な問題です。

こうした状態に陥れば、加害者は重い経済的負担にあえぐことになります。

また、未払いということになれば、被害者側は一方的に我慢を強いられなければなりません。

どちらの立場から考えても、自転車保険に入っておくことは賢明であり、社会人としての基本です。

関西を中心に広がっている加入義務化ですが、今後は都市部を中心に浸透していくことが考えられます。

自治体から命じられる前に自転車保険に加入し、万が一に備えていきましょう。

おすすめの自転車保険は?楽天?イオン?セブンイレブン?

自転車保険は色々なところが提供していますがおすすめなのが楽天です。

手ごろな保険料で必用最低限の補償が付帯する節約コースと保険料と補償のバランスがとれた標準コース、手厚い補償がある充実コース、子供向けの子供コースがあります。

子供コース以外は本人、夫婦、家族の3つから保険対象範囲の選択が可能です。

自転車事故以外にも交通事故での自身の怪我も補償され、自分が加害者になったときは最高1億円まで補償します。

保険会社による示談交渉サービスも無料で付帯します。

保険料は一番安いプランで月100円台からとリーズナブルです。

 

セブンイレブンは賠償保険金額1億円までで、死亡保険金は400万円、後遺傷害保険金は最大400万円です。

 

イオンはひったくり被害に対する補償があり、70歳を超える高齢者でも継続が可能です。

自動車保険にある基本的な補償以外に、ひったくり被害にあった場合は上限5万年までの補償が受けられます。

自転車保険は70までの契約が多いですが、これは69歳までに加入することで89歳まで継続して加入が続けられます。

家族型の自転車保険 年齢制限や範囲は?

家族全員で入れる自転車保険は人気があります。

保険に入れる範囲は、本人、妻、婚姻歴のない子供ですが、年齢制限のない自転車保険と、年齢制限のある自転車保険があります。

高齢になってから入れる自転車保険もありますが、割高になります。

様々な保険会社が出しているので、見比べてみて、自分の家族にピッタリくるものを選ぶと良いでしょう。

 

自転車事故は曲がり角でよくおきます。

時間帯で言えば朝のみんなが急いでいる時間が起きやすいです。

不注意で思わぬ高額賠償になるような事故を起こしてしまっては大変です。

特に子供の場合が心配です。

家族で一つ自転車保険に加入していれば安心感が生まれますので是非、加入をしましょう。

どこの家にも自転車はあるでしょうし、子どもも乗るでしょう。

安心感を購入するとともに、交通ルールについては子供が小さい時から教え、慎重に自転車を運転することを教えましょう。

よそ見、2列、スピードの出し過ぎをせずに、左側走行を守りましょう。

傘をさしての運転は禁止されている自治体が多くなりました。

雨の日は乗らないか、合羽を着てゆっくりと運転しましょう。

スポンサードリンク