尿酸値が高い!その基準と下げる方法とは

尿酸値とは、血液中に溶けている尿酸の濃度を数値に表したものです。具体的には、尿酸値は100mLの血液中に尿酸値が何mg入っているかを測定します。一般的に男性の方が元から高いです。

 

尿酸値は食生活の環境が大きく影響します。食品に含まれるプリン体の摂りすぎにより、高値を示すようになり、痛風などの発症の原因となります。また、アルコールの摂りすぎは、尿酸の生成を促進する作用と尿酸を排出を妨げる作用あるので、さらに高値なってしまう原因となります。

 

基準値は男性は3.8~7.5mg/dL、女性は、2.4~5.8mg/dLと設定されており、7.0mg/dLを超えると高尿酸血症と診断されます。

 

尿酸を下げる方法としては、一般的には尿酸生成抑制剤か尿酸排泄促進薬などの薬を使用すること、また、日々の食事を見直して生活習慣を正しくすること、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うことが挙げられます。

 

食生活や生活習慣が大きく関係しているので、この現代社会の中で、自分の健康は自分でしっかりと守る必要があります。

健康診断で尿酸値を検査するには血液検査だけなの?

自分の尿酸値を知りたいと考えているのであれば、健康診断の際に一緒に調べるのがオススメです。非常に難しい検査を必要とするものではなく血液検査で簡単に調べることができるのです。血液中に溶けている尿酸の量がどの程度かを確認することができれば、痛風になるリスクもある程度確認することができると言えるでしょう。金銭的にも時間的にもとても簡単に調べることができるのが魅力であるといえます。

 

血液の中に溶けることができる尿酸の量と言うものは決まっています。そのためそれ以上の尿酸があるかないかが重要な指標になるのです。そのような数値を確認するためにはやはり血液検査が有効であり、それだけで充分な情報を得ることができます。

 

尿酸値が高い状態は腎臓にダメージを与える可能性があるということが知られていますので、一緒に腎臓の検査を行うのもオススメの選択肢の1つです。この検査も血液検査で一緒に行うことができるので非常に魅力的です。

尿酸値下げる効果的な食べ物は?牛乳?水?サプリメント?

痛風が心配な人にとって尿酸値下げると言う事は非常に重要なテーマとなっています。薬物療法を行わなければならないような状態になっているのであれば薬物療法が必要であると言えますが、そのような状態になる前の段階であれば、食事療法によって改善を促すのも1つの方法です。

 

尿酸値下げるのに効果的な食品と言うものが存在しているのです。よく知られているものとしては水です。病院などでには山地を指摘されるとたくさん水を飲んでくださいと言われることがあります。これは水を飲むことによって改善するのではなく、尿として尿酸を排出することにより改善を期待することができるというものです。大切なのは予算を体から出していくことなのです。

 

このような効果が期待できるものには牛乳やヨーグルトなども知られています。

 

いずれも取り次ぎは望ましくないといえますが大塚的な食品やサプリメントを上手に活用して改善を目指すのが良いでしょう。そのような機能を持った魅力的な食品が身の回りにはあるのです。