保険効く?歯医者でのアマルガム除去の費用について

アマルガム除去を歯医者でする時の費用は、保険適用と保険適用外で違ってきます。

小さな詰め物の場合だと保険適用されるため、1000円程度の費用でアマルガム除去をすることが可能です。

ただし、大きな詰め物だと保険適用外の自費診療になる場合があり、自費診療の費用は歯医者によって違いがあります。

スポンサードリンク

また、歯医者によっては、全てのアマルガム除去が保険適用外になることがあるので、事前に費用を確認することが必要です。

アマルガム除去費用は歯医者によってかなり値段、価格が異なるので、一度相談してみてください。

自費診療でのアマルガム除去は費用は高くなりますが、安全な方法でアマルガムを除去してもらえるので安心です。

アマルガムは除去しておいたほうがいいです。

アマルガムは水銀が含有している毒性のある歯科材料です。可能な限り、自費診療による安全な方法で除去することが望ましいといえます。

水銀が体内に蓄積すると水銀中毒になる恐れがありますので、

安全に確実に除去することが極めて大事になってきます。

自費診療でアマルガム除去をする際には、患者様は防護用品を装着したうえで治療を行いますので、治療中の水銀中毒を防げます。

安全?危険?アマルガム除去の効果について

子供の頃に虫歯治療を受けたことがある方の口の中には、水銀を含むアマルガムが詰め物として入っている可能性があります。

水銀は人体にとっては危険な物質だということは知られており、長く原因不明の体調不良などがアマルガム除去をすることで改善したというケースもあります。

このようにアマルガム除去は適切に行えば、慢性的な体調不良に対して効果的であるといえるのです。

しかし、適切な方法で行われないアマルガム除去には危険があります。

なぜなら、アマルガムを除去するためにドリルをあてた際、水銀合金は沸点まで上昇し、その蒸気が患者や治療を行っている歯科医師自身にもかかってしまうからです。

この時の水銀濃度は基準値の何千倍とされていますので、体のためにと行ったアマルガム除去がトラブルを引き起こす可能性も出てくるのです。

ですので、アマルガム除去を考えた際には、ラバーダムや口腔外バキューム、全身の防護など安全に除去ができるような対策をしっかり行っている歯科医院で受けることが重要です。

アマルガム除去ができる評判の良いおすすめの歯科医院の見つけ方

アマルガムは、加工が容易な上に殺菌性に優れているため、

以前までは歯科の治療の際に、詰め物として頻繁に使用されていました。

ですがアマルガムは、水銀を50パーセントも含む金属から出来ているため、

近年では水銀による害が考慮され、治療に使われる事はかなり少なくなっているのです。

昔起こった4大公害の水俣病も水銀の汚染が原因でしたよね。

だいぶ前に、歯科治療を受けた際に使用したアマルガムが、未だに残ったままの人は多くいます。

そこでアマルガム除去を行おうと考える人が、最近では増えて来ているのです。

 

ただしアマルガム除去は上手く行わないと、水銀による健康被害が生じてしまうため、治療を受ける歯科医院は慎重に探す必要があります。

いい加減に歯科医院を選ぶと、除去の際に問題が生じる恐れがあるので、甘く見ない事が大事です。

アマルガム除去を受けるべき歯科医院の見つけ方としては、情報収集が大切だったりします。

特に最近では、ネット上で口コミという形で、実際に歯科医院で治療を受けた人の評価を知る事が可能です。

口コミチェックを行い、実際にアマルガム除去を受けた人から、評判の良い歯科医院を選び出すという方法がおすすめ出来ます。

アマルガム除去を安全に行っているクリニックを探すのが近道です。

ノンメタル治療と称して、アマルガム除去を扱っているクリニックがあるので気軽に相談してみてください。

スポンサードリンク