スポンサードリンク

太鼓の達人がなぜここまで家族に人気なのかをまとめてみた。

太鼓の達人は一人でも複数でもプレイでき、ゲームセンターには必ず置いてあるゲーム機です。

初登場は2001年2月で、達人シリーズの第3弾としてリリースされるやいなや大人気。

長年人気を誇り家庭用ゲーム機でもリリースされるほどです。

スポンサードリンク

太鼓の達人がここまで人気なのは、どのような理由によるものなのでしょうか。

太鼓の達人の音楽

まず太鼓の達人は、さまざまな音楽が流れます。

童謡・懐メロ・Jポップ・アニメなど色々な世代の人がプレイしても楽しめるようになっています。

実店舗店では人気がない曲は外して新曲を入れるなどし、プレイする側を飽きさせません。

そして太鼓の達人が他のゲームと違う点は何でしょうか?

従来のゲーム機のように操縦桿(そうじゅうかん)を激しく動かしたり、ボタンを連打したりしません。

いかにもゲームという感覚ではなかった点も幅広い年代から支持された理由の一つです。

 

従来のゲーム機はうまい人がプレイするとステージが上がって何度もプレイでき、機械を独占することが多かったです。

太鼓の達人はどんなに高得点を叩き出しても2曲プレイしたらゲームが終了します。

この点も多くの人にこのゲーム機を触れさせ、プレイさせる機会を与えた理由です。

太鼓の達人は複数でプレイできる

更には複数でプレイできる点も人気の秘密です。

カップルでも・兄弟でも・家族同士でも連携し、助け合いながらプレイできるのが太鼓の達人の特徴です。

お得感も得られるものはこれまでなかったように思います。

この点も人気の大きな理由であると考えられます。

今までの歴史の中で、太鼓の達人の人気曲をまとめてみた。

太鼓の達人で遊んだことのあるかたは多くいらっしゃるのではないでしょうか。

太鼓の達人には、多くの曲が存在します。

クラッシックがベースのものから洋楽、アニメソングまで多数収録されていることが特徴です。

今回は、そのような曲の中でも特に人気な曲をまとめてみます。

まずは、『さいたま2000』です。

これは、レベルが上がるごとに難易度が急に上がる曲でプレーヤーを悩ませた曲でもあります。

その分で来た時の喜びが友達とやっていても素晴らしいものでしょう。

次に、『The Carnivorous Carnival』です。

この曲は、バリエーションが非常に豊富な作品となっているのでたたいていて、プレーヤーを飽きさせない内容量の濃さがある曲でしょう。

ゆっくりした局長の時もあれば、ノリのいい箇所もあります。

しかし、簡単な部分も多くあるものになっているため、スムーズな流れとともに楽しむことができるものです。

この曲は、英語の歌詞になっており日本語の歌詞とはリズム感が違うところもあることが主な特徴であるといえます。

しかし、そのようなリズムゆえに広範囲の方々にと異変人気のある曲です。

聞きながら英語の勉強にもなるのでお勧めでもあります。

太鼓の達人のアーケードゲーム版での歴史をまとめてみた。

太鼓の達人アーケード版第1作は、2001年2月21日に稼働しました。

太鼓の達人のコースは「むずかしい」「ふつう」「かんたん」の3コースです。

アンパンマンのマーチなどアニメが7曲、J-POPはモーニング娘。のLOVEマシーンなど5曲、

このほかオリジナル曲が8曲など合計25曲を搭載していました。

2作めは同年8月6日に稼働、曲数は全36曲とパワーアップしています。

「むずかしい」コースよりも更に難しい「ドンだフル」が新たに追加されています。

収録されたJ-POPの多くは、第1作に続き当時社会現象となるほど人気を博したモーニング娘。関連の楽曲が採用されました。

第3作と第4作が2002年にリリースされました。

 

2003年と2004年にそれぞれ1作ずつリリースされた後、2005年7月15日に稼働を開始した第7作は大幅にリニューアルされました。

 

「ドンだフル」が廃止され新たに鬼コースが追加されたほか、腕前評価は初心者から大達人までの全10段階表記となっています。

ジャンル分けは6種類に統一され、搭載された楽曲数は過去最高の80曲です。

2007年には全105曲を搭載した10作目がリリースされ、ランキング表示は10位までとなりました。

2010年リリースの第14作は隠し曲を合わせると全175曲、事前に行われたアンケートで選ばれたオリジナル楽曲上位5曲も収録されています。

スポンサードリンク