風邪?子供の咳が止まらないときは病院に行くべき?

湿度が10%前後になる日本では、冬になると風邪が流行りだします。

風邪の症状は熱や鼻水がでる、咳がでるなどの症状がおこります。

スポンサードリンク

どの症状もつらいものですが、咳がでて止まらない状態になるのは本当につらいものです。

小さい子供が苦しむ様子は親としてしつらいものですが、子供が咳が止まらない状態のときは病院に行くべきでしょうか?

これはぜったいに行くべきです。

子供の症状というのは急変することが多いです。

あまりにつらい咳がつづくと気管支炎になったりもっと症状が進むと肺炎になることが多いです。

肺炎なると治療も長引きますし、入院ということにもなります。

なにより咳がとまらないことで体力が奪われてしまうので、ぐったりしてしまうので、食事がとれないほどになるケースもあります。

そこまでにならないように親は、子供の状態をよく観察することが必要です。

さらに風邪の症状があるときは、安静につとめることが早い回復を促すことになります。

授乳中に市販の咳止めの薬を飲んでも大丈夫?漢方のほうがいいの?

授乳中に市販の咳止めの薬を飲んでも、基本的には問題はないとされています。

以前は市販の咳止めの薬を授乳中に服用することは禁止されていましたが、

現在では授乳中に咳止めの薬を飲んでも問題はないとされています。

その理由は、咳止めの薬の中に含まれている成分のうち、赤ちゃんの体内に移行する成分は

極めて微量であり、赤ちゃんの健康を害する恐れはほとんどないからです。

しかし、微量であっても咳止めの含有成分が赤ちゃんに移行するため、

アセチルサリチル酸などの成分が含有されているものは服用を避けることが望ましいです。

いずれにしても、医師と相談してから服用することが大切です。

授乳中に服用するものとして漢方薬は化学物質ではなく自然由来の成分が配合されていますが、

大黄とセンナが配合されている漢方は授乳中に服用するのは禁物です。

一般的に漢方は副作用が少なく安全性が高いですが、授乳時に服用することが

望ましくないものもありますので、服用する際は医師と相談することが必要です。

今すぐどうにかしたい!学校や電車で即効で咳を止める方法

会社や学校へ行くときに電車を利用する人が多くいます。

ラッシュアワー時には多くの人が乗り込みますので、電車で過ごすのは苦痛といえます。

そんな時に大きな悩みの種となるのが咳です。

大勢の人前で、しかも電車内といった密閉された空間での咳は他人に迷惑を掛けるばかりではなく、

風邪を他人にうつす原因ともなります。そのため咳の症状が現れたら直ちにそれを止める必要があります。

即効で咳を止める方法としてはフラボノイドという殺菌効果のある成分が含まれているはちみつドリンクを飲む方法や、

息がスーッとする感があるミント系のお菓子を食べる方法などが挙げられます。

しかしこれらは通勤や通学時に持っていないことが一般的です。

そこで有効となるのがツボを押す方法です。

具体的には左右の鎖骨の付け根のくぼんだ部分を押すと咳を止めることができます。

咳のほかのどの痛みや炎症などにも効果があります。

このほか肘の内側で肘を曲げたときに出てくる太い筋肉の外側にあるくぼんだ場所や

この場所から手の方へ5センチほど進んだ場所もツボとして挙げられます。

スポンサードリンク