スポンサードリンク

むくみ解消に利尿作用のあるお茶がいい!

朝起きると顔がむくんでいる、夕方になると足がパンパンになってつらいなど、むくみで悩んでいる方はいらっしゃいませんか。

むくみの原因は、体内の余分な水分が排出されずに細胞に溜まっている状態です。

余分な水分を体内に蓄えていることになるため、体のめぐりが悪くなって冷え性や低体温、免疫力の低下などにつながってしまいます。

スポンサードリンク

むくみを解消するには、普段飲んでいる飲み物を変えてみましょう。

 

おすすめは、利尿作用があるお茶です。

利尿作用が高まれば、むくみの原因である体内の余分な水分はもちろん、血液中に溶け込んでいる老廃物を尿とともにスムーズに排出することができます。

利尿作用があってむくみ解消に高い効果があるといわれているのは、爽やかな香りでリラックス効果もあるジャスミン茶です。

ただしジャスミン茶にはカフェインが含まれているので、カフェインが心配な方はノンカフェインで利尿作用のあるたんぽぽ茶、麦茶、黒豆茶などがおすすめです。

どちらにしても、利尿作用でむくみを解消したいからといって飲み過ぎると腎臓に負担がかかったり、本来必要な水分も排出してしまい脱水症状を起こすこともあるので、注意しましょう。

コーヒーの利尿作用はダイエットにいいって本当?

コーヒーは、嗜好品でありながらタバコやお酒とは違い、健康に対して深刻な悪影響を及ぼす心配がないうえに、美容にもメリットを期待できるということが特徴です。

これは、有効成分のカフェインに利尿作用や皮下脂肪の燃焼を促進する作用があるからです。

つまり、コーヒーを飲むことにより、利尿作用でダイエット効果が期待できるということになります。

なお、コーヒーを飲んでからカフェインの血中濃度が最大になる時間は30分から1時間程度で、半減期は4時間から6時間です。

 

ちなみに、男性よりも女性、喫煙者よりも非喫煙者の方が代謝の速度が速いので、より効率的にメリットを享受することが出来ます。

また、普段カフェインを摂取していない人の方が効果が顕著に発揮されるので、常飲するのではなくポイントを絞って利用するのが有効です。

一方、カフェインの利尿作用は水分不足の状態では皮下脂肪の燃焼を停滞させるという方向に機能するので、水分補給を欠かさないようにしなくてはなりません。

膀胱炎に効果的な利尿作用のあるお茶とは?

膀胱炎を早く治したいという場合、水分をしっかり摂取して尿をたくさん出すことがポイントです。

それによって膀胱のウイルスを排除することができるのです。

ドクダミのお茶には利尿作用があるため、飲むことでトイレの回数を増やすことができるでしょう。

緑茶やコーヒーなどにも利尿作用はありますが、これらの飲み物にはカフェインが多く含まれています。

カフェインを過剰摂取すると症状が悪化してしまうこともありますし、膀胱炎の時はあまり摂取しない方が良いでしょう。

また、カフェインを過剰摂取するとよる眠れなくなってしまうこともあります。

 

ドクダミは利尿作用だけでなく、むくみ解消やニキビ改善、血行促進などの効果もあるため、摂取することで美容や健康に良い効果が期待できるでしょう。

また、利尿作用によって毒素を尿と一緒に排出することもできます。

利尿作用によって体内の老廃物が無くなることで代謝がアップしますし、健康的な体を作ることに繋がるでしょう。

利尿作用のある薬の副作用とは

利尿作用のある薬を服用すると、その薬の効果により体内にある余分な水分を排出させてくれます。

利尿作用で排出することでむくみ解消や血圧を低下させたり、心臓の負担を軽減させるなど体に良い作用がたくさんあります。

体のむくみが気になる人や血圧が高いと言われている人は是非利尿作用のある薬を飲んで頂きたいです。

しかしこの利尿作用のある薬には副作用が出てしまう場合があります。

その副作用を紹介しますので、利尿作用のある薬を飲んでいる人や飲もうと思っている人も参考にして下さい。

1番報告の多い副作用は脱力感、めまい、だるさなどです。

他にも喉がやたら乾いたりする場合もあります。

また、薬の飲む量が多かったり薬が効きすぎてしまうと脱水症状になってしまう事もあります。

まれではありますが、尿酸値があがったり一時的に耳が聞こえなくなってしまったりなどもあるようです。

このような副作用が出ているのに放置してしまうのが1番危険です。

先ほど紹介したような副作用が出て続いてしまうようなら専門医に早く相談することが大切です。

この利尿作用のある薬はインターネット環境が整っていれば、自宅にいながら簡単に購入出来ます。

その場合その薬の注意事項や飲む量をしっかり把握し、記載通りに飲みましょう。

もっと効果を実感したいからと言って自分で判断し量を増やすのは危険なのでやめましょう。

利尿作用のある薬の多用や乱用は他の副作用を引き起こす原因になります。

体にいいからと言ってこのような事を繰り返していると体調を悪くしてしまうでしょう。

コーヒーに含まれるカフェインの利尿作用のメカニズム

コーヒーに含まれているカフェインには利尿作用があります。

コーヒーを頻繁に飲む人はトイレが近いなと感じているかもしれません。

ここではなぜコーヒーのカフェインを摂取すると利尿作用が働くかについても説明します。

コーヒーを飲みカフェインを摂取すると交感神経が刺激されます。

交感神経と腎臓は大きく関係しており、この刺激が腎臓の血管を拡張させます。

その結果腎臓のろ過機能が促進され尿がつくり出され排出される仕組みになっています。

この利尿作用はコーヒーからカフェインを摂取し、そのカフェインが体の外に排出されるまで続きます。

頻繁にコーヒーを飲む人はずっとこの利尿作用が働いていることになるのです。

またカフェインは腎臓の働きの1つである水分を再度吸収するという機能をを抑制します。

このような利尿作用があるため、尿の量が減らないためいつもより多くの尿がでるのです。

利尿作用がある薬を服用するのもいいですが、コーヒーを飲むことでむくみ解消などの効果を得ることは可能です。

薬よりも身近にあるので是非試してみましょう。

スポンサードリンク