初心者でもわかるEdyについてと、Edyが使える店について調べてみた。

Edyとは、インターネットサービスを展開している企業が提供している電子マネーです。

非接触ICカードの技術を採用しており、2001年11月に日本で最初に実用サービスが始まった電子マネーとして知られています。

Edyという名称は、ユーロであるEuroとドルであるDollarと円であるYenの頭文字をとって名付けられています。

スポンサードリンク

ユーロとドルと円に次ぐ第四の基軸通貨になって欲しいという願いが込められています。

Edyが使える店舗については、コンビニエンスストア、書店、家電量販店など、実に様々な店舗を挙げることができます。

ガソリンスタンドやレジャー施設などでも使うことが可能になっています。

有名なショッピングサイトでも使えるため、ちょっとした買い物の際にも便利です。

Edyのような電子マネーの使用には、様々なメリットがあります。

広く知られているメリットのひとつとして、財布から現金を取り出す手間が不要になる点があります。

この手間がないことからスムーズに決済が進むようになり、レジの前に長い列ができることも少なくなります。

Edyのカードの種類(各店舗が出すもの)について調べてみた。

Edyはコンビニエンスストアやオンライン上で、それ専門の機械の上に載せることでショッピングができるという、プリペイド型のカードのことです。

これを使うことで、普段の買い物が簡単にスピーディに行なうことができます。

面倒な小銭を数える必要はありませんので、とても助かります。

カードを入手したら、まずチャージという形で、カードの中は0円なので現金を入れておきます。

予め入れておいた現金がなくなれば、もう使うことはできないので、クレジットカード等のように、必要以上にお金を使ってしまうという心配はありません。

キャラクターものや、イベントに合わせて作られているものもあります。

クレジットカードと一緒になったものやキャッシュカードと一体化したもの等あります。

またNTTやau等のおサイフケータイもあります。Edy機能の付いた時計やキーホルダーもあります。

Edyカードを使うことでポイントが付くものの中には、どこで使ってもポイントが加算されるものや、特定の店で使ったときだけポイントが付くもの等も発行されています。

Edyで貯める、お得な楽天スーパーポイントのためかたとは?

電子マネーのEdyは、各種コンビニエンスストアやECサイトでの決済に使用でき便利ですが、楽天ポイントとして貯めることも可能です。

Edyで買い物をする場合、200円の買い物につき1ポイントのEdyが付与されますが、どのポイントを付与するかは設定によって決まります。

楽天ポイントとして貯めるには、専用のアプリから直接楽天ポイントとして貯めるよう設定するだけです。

反映されるまで数日程度を要しますが、反映後は設定変更しない限り楽天ポイントが貯まり便利です。

また、Edyとして貯めたポイントでも、後から楽天ポイントに交換することができ、交換はパソコンではブラウザ、スマートフォンでは専用アプリから行います。

パソコンで実行する場合は、楽天PointClubのポイント交換タブを開き、相互交換から実施します。

無期限ではなく6ヶ月間の期間限定ポイントとなりますが、期間限定ポイントが優先的に消費されるため、普段からポイントを使用していれば失効する心配はありません。

スポンサードリンク