結婚年齢が高くなっている現在、親が高齢で、介護の必要が生じている場合があります。そういった親を抱えていて、結婚から遠ざかっていた人達が、真剣に結婚を考える時期があります。

 

しかし、最初から介護の話をしては、なかなか相手が見つからないため、プロポーズ後に、親の状態を話すことがあります。介護の必要がある親を抱える人達には、苦肉の策なのでしょうが、プロポーズを打ち明けられた相手は、悩むところです。

スポンサードリンク

 

多くの場合、親と結婚するのではなく、本人同士の相性が合い、一緒にいて楽しくなるような人と結婚をします。したがって、プロポーズをされた時には、本人を気に入っていることが多くあります。そのまま進めばうまくいくところを、親の状態を話されたため、気持ちが冷めてしまうのです。

 

特に自分の親はまだ若く、介護といったことを想像出来ないような状態である場合は、ズレが生じてきます。あまり相手や相手の家族について知らない時には、相手の良い点をよく思えたり、少し年齢差があっても、頼りがいのある人というイメージでとらえることが出来ます。

 

しかし、年齢差があることは、親の年齢にも差があることをあらわしています。親や兄弟の年齢に差があることは、結婚後に付き合う際に、ある程度のズレが生じることを含んでおくことが必要になります。

 

結婚後、すぐに相手の親の介護が必要になることは、年齢差のある相手には理解がしにくいことになります。結婚をバラ色のイメージでとらえている年代には、親の介護の話をされると、気持ちが冷めてしまうことが多々あります。

 

こういった時には、はっきりと自分の気持ちを相手に伝えることが必要です。自分の描いていた結婚後の生活設計に狂いが生じたことを告げることが大切なこととなります。

 

気乗りがしなくなっていることを、無理にすすめても、結婚後の毎日が重苦しいものになってしまいますので、はっきりと自分の気持ちを伝えて、断るようにします。

 

結婚相手は、多くいます。したがって、気持ちがさめてしまった時には、縁がなかったものとあきらめることが必要なことになります。相手の人を傷つけないように、相手の生活や相手の親を尊重しながら、自分の気持ちや自分の結婚後の希望等を、うまく話し、親の介護まで今の段階では考えることは出来ないことを伝えます。

 

自分のような人が相手の親のために、役に立てる自信がないことを、そのまま伝えることが大切です。

 

介護の親を抱える相手も、気乗りのしなくなっている人に、無理に結婚をすすめることはしなくなります。

 

介護の親を自分の親のように、よく思ってくれる人が、その後あらわれる可能性は大いにあります。したがって、あまり一人を無理にひきとめることなく、気持ちが向く人同士で結婚をすすめることが必要なこととなります。

 

親の介護の問題は、ある程度の年齢になった時には、ふりかかることです。何年も一緒に生活をしている人達が、お互いの親の状態を思い、手助けをすることは自然に行われていることです。

 

多くの人達が、ある程度の年齢から必要になる仕事となりますが、プロポーズをする頃に、親の介護の話が具体的に話されることは、難しいことです。

 

よほど奇特な人や、介護の仕事に向いている人には縁がありますが、多くの場合には、気持ちが冷めてしまう出来事となります。

 

自分の年齢や社会経験、自分の家の状態など、結婚相手を選ぶ場合には、似合う相手であることがポイントとなります。プロポーズをする際にも、それまでに、気になることは話しておくことが必要です。親の介護の話などは、プロポーズをする前に、さりげなく自分の毎日の生活を話し、家族や親との関係、親の生活状態などについても、わかりやすく話しておく誠意が必要です。

 

やみくもに美しい言葉を使用して、相手をうっとりとさせるような言葉で結婚を誘っても、後から親の健康状態や介護の必要性を話すようなことは、あまり良いことではありません。

 

結婚は相手を幸せに出来ることが必要です。相手を信頼し、尊敬をし、誠実に生活を営む気持ちが向く人と行うことです。したがって、結婚の約束が出来るのは、相手のことをよく理解してからとなります。先に結婚をほのめかし、後から、様々なことがわかってくるようなやり方は、好ましくありません。

 

結婚の約束を交わすことは難しいことです。その後、付け足しがあるようでは、人として、信頼出来なくなります。

 

したがって、結婚の約束をほのめかした後で、親の介護の話をされることは、ルール違反となり、その話を聞いて、気持ちが冷めてしまったことは、恥ずかしいことではなく、はっきりと断ることが出来ることとなります。

 

結婚に対して、夢や希望を持ち、誠実な気持ちで考えている人達を傷つけたことになりますので、縁がなかったことにすることが良い方法となります。結婚をほのめかす時期については、しっかりとわきまえておく礼儀が必要となります。

スポンサードリンク