スポンサードリンク

ファーのアクセサリー素材がどんなものがあるのかを調べてみた。

ファーには、本物の動物の毛皮を使用したものと繊維から作られているフェイクファーの二種類があります。

洋服であればたくさんの面積を使用することにもなるので、本物の毛皮となるとそれなりの値段がする高級品ともなってしまいますが、アクセサリーとなると小さなパーツとなるため、フェイクファーの商品でも販売されているものの、本物の毛皮であっても豊富な種類で手頃な価格から販売されています。

本物の毛皮の場合には、さまざまな動物が素材となって使われています。

スポンサードリンク

多く利用されているミンクの毛皮では、長い刺し毛があるのが特徴的です。

ツンツンと飛び出すようにして生えている毛のことを刺し毛と呼ばれており、これが一回り大きくも見せることができてふんわりとした印象を与えることができます。

アクセサリーでもピアスやイヤリングになると、耳たぶへの負担を考えて軽量なアクセサリーが向いていますが、ミンクは小さくても大きく見せることができ、とても軽い素材でもあることから快適に身に着けることができます。

他にも、フォックスやラビット、ヌートリアなどの毛皮もアクセサリー素材として利用されており、発色性が高いことからカラフルな色に染められていることもあります。

ファーのアクセサリーの人気ランキングトップ3・その理由も簡潔しまとめてみた。

ファーが付いているだけで女の子らしさが強調されるので、その需要は年々右肩上がりです。

数あるファーアクセサリーの中で、人気のあるものトップ3を挙げてみましょう。

値段も安く、若い世代から上の世代まで幅広く利用しやすいものとして、ピアス・イヤリングがあります。

お出かけする際のコーディネートのアクセントとしても取り入れやすく、顔周りを華やかにしてくれます。

次は靴でしょう。

ファー付きの靴は冬に良く見かけますが、最近では夏のサンダルなどにもファーが付いているものが出回っています。

脚を出す機会の多い夏場に足元のオシャレとして注目されるほど、流行に敏感な女子たちに人気があります。

最後は鞄です。

小さめのショルダーバッグ全体がファーになっているもの、肩にかかる部分にファーが付いていて可愛くて肩へのクッション性もあるものが人気です。

服装はシンプルでもこれ一つ肩から下げていると、女の子らしいふんわりした印象を演出できます。

たくさん身に着け過ぎると重たくなってしまいますから、いつものファッションにどれか一つ取り入れてみてください。

それだけで、グッと華やかさがアップして優しい印象になること間違いなしです。

自分好みのカラーを見つけることも楽しいでしょう。

ファーで有名な店のをまとめてみた。

去年の真夏には、もうファーがショップにも登場していました。

外は35度近い真夏日でしたが、サンダルにくっついているあまりにも可愛らしいデザインと、もこもこ、ふわふわな見た目にひかれて思わず試着しちゃいました。

想像していたよりもファー自体は厚苦しくもなく、むしろ軽やかなワンピースにも似合いました。

こうした新たな発見があるとテンションがググッと上がります。

これを機に、ファーを見つける度に試着する日々が続きました。

ふわふわ優しいファーが肌に触れていると、それだけで自然と身体もポカポカしてきます。

小物もカラフルなもの、個性的なものが多くありました。

その中でも寒波の厳しいこの冬は、特にフェイクファーのコート、ムートン調のものを例年より多く見かけました。

ショップによっては裏地にも個性が表れています。

裏地に柄があるもの。

ムートン調になっているもの。

リバーシブルでも使えるもの。

ファーに包まれているだけで暖かくなるのはもちろんですが、身につけている、たったそれだけで気持ちまで優しくなれるのはファーのマジックとしか考えられません。

ファッション性もあり、大切に保存すれば長期間その状態を保てる。

そこに実用性も兼ね揃えていることが最大の魅力です.

スポンサードリンク