スポンサードリンク

パートと派遣社員の違い!時給は違う?社会保険はどうする?

パートと派遣社員の違いは、あらゆるところに出てきます。

まず、あくまで一般論ですが、時給単価は派遣社員の方が断然高いということになります。

パートはどんなに頑張っても派遣社員のように多くは望めません。

スポンサードリンク

社会保険については、パートと違って派遣社員はほとんどが加入するということになるので、安心ということができますが、

その分は天引きされますので、主婦でご主人の扶養家族になっている場合は健康保険料を余計に払うという勘定になります。

パートも一定の要件を満たすと加入することになりますが、勤務時間次第で調整が可能となっています。

 

と言うことですが、これから先は年金という問題もあるので、このことはしっかり視野に入れる必要があります。

これまでは、ご主人の年金で夫婦二人の生活を何とか賄えるという状態が続いてきましたが、

年金の先細り傾向から、そうは行かなくなる様相を呈してきています。

このことを考えると、夫婦二人が年金に加入しているということが、

ライププランにおけるファイナンシャルプランとしては絶対的な強みになるので、

この点はとても重要な判断材料ということになります。

パートと派遣社員の掛け持ちはできる?注意点やデメリットは?

パートや派遣社員の仕事は一般的な会社員などよりも労働時間が短いため、複数の仕事を掛け持ちする人がいるようです。

ただしパートや派遣社員の掛け持ちについては様々な注意が必要になります。

まずは職場の就業規則に注意をしてください。

兼業を禁止する職場にパートと派遣社員の掛け持ちがバレてしまうと、処分の対象となる可能性があります。

パートと派遣社員の掛け持ちが全く無関係の職種であればパート先や派遣社員の会社にバレる可能性は低くなりますが、

年末調整や税金の計算などの際にバレてしまうことがあるようです。

その他の注意点としては、所得税額の計算や配偶者控除の対象となる限度額があげられます。

主婦がパートや派遣社員で働く場合には、年収が103万円を超えると所得税の

支払いが必要となり、自らが社会保険に加入することが必要になります。

さらに年収が130万円を超えると夫の配偶者控除の対象から外れるため、世帯全体における税金の支払いが増えてしまうのです。

パートと派遣社員の掛け持ちにはメリットとデメリットの両方がありますので、くれぐれも慎重に検討をしてください。

主婦ならパートと派遣のどっちがいいの?給料は?

主婦ならパートと派遣社員とどっちがいいかと言うと、人それぞれの目的によって異なるということになります。

給料だけに限定すれば、一般論ですが派遣社員の方が高く、パートで働くよりは断然収入面に差が出ます。

懐具合も温かくなるというわけです。

パートの場合も時給がアップするということはありますが、ほとんどが経験年数にリンクしているもので、

しかもパートは頭打ちの場合が多いので、給料面では多くの期待は持てません。

ただ、パートの場合は、勤務時間帯にかなり融通性が持てる点がメリットであり、

パートの勤め先の管理者とのコミュニケーションに気を付けさえすれば、とても働きやすいということになります。

派遣社員の場合は、派遣元だけで物事を決め切れない点があり、実際に派遣社員として勤務するところとの関係もあるので、

融通性という点では難点があり、この兼ね合いを見て選ぶということになります。

もう一つ、派遣社員の場合は年数が経過するにしたがって、正社員への道も近づくということになるので、

それを期待するかどうかということも、判断材料の一つになります。

薬剤師のパートと派遣社員の違いについて

薬剤師として派遣社員で働く場合、

自分の意志とは関係なく勤務先が変更になる事が

あるかもしれませんが、収入を重視する方には派遣社員がお勧めです。

 

派遣社員の求人は閑散期になると、薬剤師不足や通勤に

不便なエリアしか求人がなかったり、慢性的に派遣社員が人手不足状態に

なっているような薬局への派遣になる可能性もあります。

しかし、初めの契約期間は試用期間ということで1カ月で

交わされることが多く、その間、派遣社員として我慢して働いて

次の所に移動できるという便利な点はあります。

 

一方でパートは急な異動もないので、家庭のある方など

勤務地重視の方は、多少お給料は低くなりますが

勤務地重視の方はパートの方がお勧めです。

パート・アルバイト・派遣社員・契約社員・正社員の違いとは

自分の希望する曜日と時間に働くのが「パート」です。

他の働き方と違って勤務時間が少ないことが特徴です。

現在では、「パート」と「アルバイト」はほぼ同じ意味で使われています。

 

パートのメリットは給与は時給や日給で支払われ、 勤務日時を自分の

都合に合わせて選択でき、未経験者も受け入れ可能な

仕事が多いことが挙げられます。

一方、パートはボーナスや退職金が無く、契約期間が限定されること等がデメリットとなっています。

 

人材紹介会社や派遣会社に登録し、就業先を紹介してもらうのが「派遣社員」です。

派遣社員の給与は就業先によって異なりますが、時給で換算されることが多いようです。

雇用契約の条件や休みなどについても、所属する派遣会社が

就業先の雇用主と交渉してくれるので、直接自分で

交渉しなくてよいことが派遣社員のメリットとして挙げられます。

しかし、契約期間が決まっていること、

給料などが上がりにくいことが派遣社員のデメリットとなります。

 

働く期間や給与などが予め契約されているのが、「契約社員」です。

1年契約のことが多く、年度末には契約更新を行わなければなりません。

就業態度や成果によっては正社員に採用されることがありますが、

就業態度や成果が良くない場合は途中で契約が

打ち切りになることもあります。

職場によってはボーナスが無く、退職する場合は退職金も支払われません。

 

契約期間を決めず、決まった時間内で仕事に従事する人を「正社員」と呼びます。

継続年数や役職に伴い給与がアップします。

仕事内容や経験が評価されるので、

もっともキャリアアップできる雇用形態です。

給料は月給が多く、賞与や各種手当も支給され福利厚生の対象にもなっています。

収入面で安定性が高い勤務形態ですが、業務命令への服従が

求められるので、残業や休日出勤が多くなることが

デメリットとして挙げられます。

正社員だけサービス残業になるケースや、

正社員だけ業務に対する責任を取らされることもあります。

スポンサードリンク