スマートフォンのOS、 iOSと、androidの初心者でもわかる違いは?

両方ともスマートフォンの動作システムと言う点では違いがありません。

しかし搭載されている機械などでは違いがあります。

iOSはAppleが開発したシステムで、特許が関係してApple社の製品にしか搭載されていません。

スポンサードリンク

反対にandroidはGoogleが開発して特許も取得していますが、他のメーカーの製品にも搭載できるようになっています。

その為、端末が色々なメーカーから出ていると言うのが大きな特徴です。

もう一つがカスタマイズの点です。

iOSは基本的にカスタマイズが出来ないようになっており、さらに操作自体も非常にシンプルになっています。

反対にandroidはiOSよりもカスタマイズできるようになっていますが、自由に自分の好みに合わせて細かく設定を変更できるようになっている為、初心者には良く分からないと感じてしまう場合も少なくありません。

その為、その人がスマートフォンに対して何を求めているのか、さらに利用した経験等によっても選ぶ物が変わって来ます。

iOSと、androidのそれぞれの便利機能一覧をまとめてみた。

iOSにはメールをアプリで開かずに開封済みにしたり削除することが可能です。

iOSでメールを受信した際に画面上部に表示される通知画面を下方向にスワイプすることで開封済みにするとゴミ箱の2つのボタンが表示されます。表示されたそれぞれのボタンをタップすることで、アプリからメールを開かずに様々な操作が行えます。

iOSでは同時に2つのアプリを開いて表示する機能があります。

一つめのアプリを開いている状態で画面の右側から左方向へスワイプすることで対応しているアプリの一覧が表示されます。

その中から任意のアプリをタップすることで2つのアプリを同時に表示することが可能です。

androidで使用できる機能にandroid beamという、インターネットが使用できない状態でも本体同士を近づけることで連絡先や画像や動画などを共有できる機能があります。

この機能を使用するためには対応した本体が必要になりますが、インターネットが不要で様々な情報を転送できるため、インターネットが使用できない場所や、インターネットを使用したくない場合でも気にすることなく使用できます。

iOSと、androidのそれぞれの使い方。

今スマートフォンは二つの流れがあり、iOSとandroidになっています。

iOSを搭載しているのはアップル社のものであり、androidを搭載しているのがグーグル社のものということにになります。

どちらにもそれぞれの特徴があるので、自分がスマートフォンに求める機能や使い方によって、機種を選定するのが良いとされています。

まずハードウエアですが、iPhoneは提供するのはAppleのみであり、いろいろな機種があるものの、一貫性があり、機能にも大きな違いがありません。一方、androidは多くのメーカーが提供しているので、サイズや機能、重さなどに違いがあり、好みなどで選べるということがあります。

OSの互換性はiOSの方が融通性があるのに対し、androidはそうはいきません。

アプリの利用は前者が比較的少ないが融通性があり、後者は融通性はないが、種類は多いということになります。

というようなことなので、はじめてのスマホであれば、分かりやすいインターフェースで、使い勝手の良さを誇ってい前者がいいし、高機能で低価格を優先し、いろいろなアプリを使ったリするのなら後者という具合です。

スポンサードリンク