いまさら聞けない、Windows10のわかりやすい使い方。

Windows10を起動するには、まず電源ボタンを押します。

すると画面が立ち上がるのですが、これはロック画面となっています。

まずはどこでもよいのでキーを押す、マウスをクリック、画面にタップしますするとサインイン画面を表示されます。

スポンサードリンク

このとき、複数のアカウントを所持している場合には、画面左側にあるアカウントで選択と変更が可能です。

西院イン画面では設定したパスワードを入力しエンターキーをおすとデスクトップ表示します。

なにも入力しなければロック画面に戻るようになっています。

デスクトップには、スタートボタンをクリックする事表示できるスタートメニューがあります。

このスタートメニューを右クリックすると、コントロールパネルなどを表示することが可能です。

パソコン内のアプリやファイルを検索したいときは、Windowsの設定画面とWeb検索を使用することが出来ます。

画面下部のグレーの部分をクリックすることで入力できるようになるので、探したいファイル名などを打ち込めば検索結果が表示されます。

Windows10のWindows7・8.1にはなかった、新たな機能とは。

Windows10には新たな機能として音声で判断して様々な操作をアシストするCortanaが搭載されています。

Cortanaは音声認識アシスタントで、Cortanaに向かって様々な指示をすることで特定のソフトウェアを起動したり、メールを音声だけで送信したり、様々な情報についてもウェブ上で検索することが可能です。

カレンダーへの予定や行事などの追加や、特定の日時の予定や行事などを調べてインプットされている予定を教えてくれるなどの機能もあります。

Windows10ではタスクバーの右側の表示されるアクションセンターのアイコンをクリックすることで、アクションセンターを起動できます。アクションセンターには受信したメールの一覧や、今後の予定やカレンダーなどが表示されていてアクションセンター内からインターネット接続などを確認することも可能です。

アクションセンター内に表示させる情報や項目などは設定でカスタマイズが可能で、カスタマイズ次第ではアクションセンターから様々な情報が得られて便利です。

Windows10と、Mac、どちらが優れているのか?

Windows10とMacの比較は昔から言われ続けていますが、現状では特に一方が突出しているものはなく、部分的に少し優れた部分がそれぞれにあるくらいです。

従来ではデザインにおいてMacが優れると評判でしたが、Windows10も徐々に追いつきつつあるため、単純比較ができない状態です。Macはカスタマーサポートが充実しており、専用ストアに持ち込むことで簡単な問題なら無料で終わります。

OSに対するウィルスが少なく、ややセキュリティに優れる部分があります。

Windows10は同スペックのMacに比べると安価です。

かなり安いパソコンでも組むことができ、幅広いユーザーの要望に応えられます。パソコンゲームをするには有利です。

本格的なゲームはほぼWindows10に対応しており、カスタマイズ製の高さから、高機能なパソコンを作り上げて快適にゲームを楽しめるメリットを持っています。

Windows10ならデスクトップ版でもタッチスクリーンが利用できます。

スポンサードリンク