スポンサードリンク

在宅ワークのシュフティはいくら稼げる?

シュフティとは専業主婦を中心としたクラウドソーシングサイトです。

登録無料で始められ、ライティングやデータ入力といった比較的簡単な案件から、デザイン(ポスター制作等)やアプリ開発といった専門的な案件まで様々な内容の案件があります。

その中で自分のスキルとライフスタイルに合わせた依頼を受注することができます。

スポンサードリンク

そしてシュフティではタスク形式とプロジェクト形式という2つの形式があります。

 

タスク形式は1回で完結。

プロジェクト形式はクライアントに雇われるイメージで長期で案件の依頼、報酬が貰えます。

 

プロジェクト形式の案件に応募すれば毎回お仕事を探す手間が省けます。

案件の単価はそれぞれ違いますが、アンケートやクチコミ投稿、記事作成で25円~5000円程、デザインで50円~100,000円程となっています。

単価の高い案件はそれなりに専門的な知識はスキルが必要なものが多いので、そういったものがない場合はアンケートや記事作成等でコツコツと実績を積み上げて稼いでいくしかなさそうです。

安定して稼げるかどうかも、自分がどれくらいコツコツと作業できるかにかかっています。

 

またシュフティの報酬手数料は一律10%となっており、他の大手クラウドソーシングサイトでは20%以上の報酬手数料がかかる場合が多い為、その点はシュフティの方が良心的だといえます。

シュフティでデータ入力の仕事のやり方は?

シュフティのデータ入力の案件には、「ドラマ第1話の感想・あらすじ」や「小説作品の登場人物のプロフィール」「映画作品の心に残る名言・セリフ」等、珍しい案件がよくあります。

まず、シュフティでデータ入力案件を検索し、作業内容や納品条件を確認します。

参加条件を記載している場合もあるのでしっかり確認してできる内容かどうかを判断します。

確認できたら「作業開始」ボタンを押せば、タスク形式の多いデータ入力の案件は簡単に参加することができます。

そのまま画面に納品フォームのページがでてくるので、クライアントの提示している指示に従って入力すれば完了です。

案件によっては別サイトに移らなければならない場合もあります。

事務局が確認をしてくれているようですが不安な場合はお仕事を中断することも可能です。

お仕事が終わったらクライアントが検収してくれます。

結果は「承認」又は「非承認」で出ますが、タスク形式の案件は納品した物の修正ができないので、承認された場合のみ報酬が支払われ、非承認の場合は新たに別の案件を探すことになります。

シュフティの確定申告・源泉徴収についてまとめてみた。

シュフティは、データ入力・収集などの事務作業やブログや記事作成などのライティング等の様々な仕事について発注受注できるサイトです。

受注する側にとっては、すき間時間を利用したり、自分が腰を据えて取り組める時間帯に量をこなしたり、内容が困難なもの作成したりという便利なものなのですが、報酬をもらった際の所得税等の納税についてまとめてみましょう。

まず、シュフティではクライアントとワーカーの二者間の業務委託契約という整理をしているためクライアントである発注者が源泉徴収義務者となるかに関わってきます。

基本的には源泉徴収義務者となるのですが、一人で個人事業をやっている方が発注している場合などは源泉徴収義務がありません。

ですので、発注者に確認して源泉徴収している場合であればすでに納税済みなので確定申告をして納付する必要がないということになるでしょうし、そうでない場合については、雑所得に分類されその合計額が20万円を超えてくるような場合については確定申告をして納税するという必要があります。

シュフティで請け負った仕事のトラブル回避についてまとめてみた。

シュフティにて、例えば仕事内容や取引について、いわゆる違反行為のようなものでトラブルとなりそうな場合には、早急に通報機能を用いてサポートへ連絡を取ることが重要です。

納品物が依頼時の指示内容と大きく異なるものであった場合や、コピペ、あるいは倒錯である可能性が疑われるときなどがこれに当たります。

プロフィールページやお仕事詳細ページ、個別連絡ボードなどにこの通報機能が設置されています。

それをもとにサポートが確認や調査を行いトラブル回避に向けて動いてくれます。

通報を受けた内容をもとに調査を行っていくため、その際はできるだけ詳細な内容で通報を行うようにすることが重要です。

外部のツールを用いてやり取りを行っている場合は、サポート側としても状況確認ができないことがあるため注意が必要です。

また対応結果についても内容の連絡などは原則行っておらず、また通報したことも相手側には通知されないため、秘密は厳守されます。

シュフティでの特徴的な稼ぎ方をまとめてみました。

クラウド上での仕事ができるサイトは増えてきましたが、シュフティでは稼ぎ方として大きく3つの方法があります。

主に記事の作成や口コミの作成をするタスク方式と、何かお題を出されている物に対して複数の人が提案したものから一つが採用されるコンペ方式、一つの仕事を一緒に行うパートナーとしてテーマのようなものを募集し、その応募者の中から選ばれることで仕事がはじまるプロジェクト方式と分類されます。

その3つに関わってくるのですが、プロフィールをしっかりと作っておくことで、仕事を依頼する側が求める人材を検索する機能も備えています。このプロフィールもよく見られるものになります。

プロフィールとこの3種類の仕事を続けているうちに、仕事を依頼する側からパートナー登録を受けることがあります。

パートナーとして登録されることで、継続した依頼や、直接仕事の依頼や相談をうけることで、優先して仕事を受けることが出来るようになります。

ここがシュフティの稼ぎ方の特徴です。

スポンサードリンク