スポンサードリンク

コーヒー豆の人気・おすすめランキングトップ3と、その理由も簡潔に書いてみた。

様々な飲み物が存在する中でも、コーヒーは欠かすことのできない飲み物の一つでありとても人気があります。

1日に1杯は必ず飲むという人もいれば、朝起きて必ず飲むという人もいます。

コーヒー豆の種類には多様なものがあり、それぞれの豆が独自の味わいを持っています。

スポンサードリンク

人によって好みは違うのですが、コーヒー豆の人気とオススメのランキングトップ3と、その理由をご紹介します。

まず、ランキングのトップ1はハウスブレンドです。

ハウスブレンドは苦みや酸味が抑えられているために、非常に飲みやすいところがポイントです。癖のない味わいであることからも、コーヒー好きの人の中では大変愛されているコーヒー豆なのです。

トップ2は、ダークフレンチローストです。

ダークフレンチローストのコーヒー豆は、豆の焙煎時間が他のものと比べると長めです。

その結果、コーヒー豆に苦みが含まれるようになるのです。

その苦みが深い味わいとなるために、多くのコーヒー好きの人々から愛されています。

トップ3は、イタリアンローストです。

イタリアンローストは焙煎時間が長く、豆の色が大変黒みを帯びていることで知られています。

渋みがある味わいであるところが特徴です。

また、アイスコーヒーに使用されることも珍しくありません。

本場、イタリアのコーヒー豆と日本で使われているコーヒー豆の味の違いについてまとめてみた。

日本とイタリアでは飲まれているコーヒーが違います。

日本ではコーヒー豆をお湯で抽出するドリップ式コーヒーが人気です。

イタリアではコーヒー豆を蒸気の圧力を使って抽出するエスプレッソが一般的です。

エスプレッソは少ない水分で一気に抽出するので味も濃く、酸味は少な目です。

日本は軟水が主流ですが、イタリアはほとんどの地域が硬水です。

そのためコーヒーが良く抽出され、味や苦みも濃厚なのです。

日本ではエスプレッソを淹れる場合にはアラビカ種が選ばれることが多いのですが、イタリアではアラビカ種とロブスタ種をブレンドして使われることが多く焙煎具合も異なります。

コーヒー豆の焙煎は焙煎する時間により8段階に分けられています。。

日本では最も焙煎時間が長いイタリアンローストが、エスプレッソとしてよく使われています。

しかしイタリアでは5段階のシティローストや6段階目のフルシティローストを使うことが多いのです。

イタリアの中でもナポリは少し独特で、しっかり焙煎したダークローストのコーヒー豆を使います。

濃厚なコーヒーを味わうのがナポリ流なのです。

エスプレッソは短時間で抽出し、1回に飲む量も少ないのでカフェイン量も少な目ですが、カフェインの含まれていないデカフェのコーヒー豆もイタリアでは人気となっています。

世界のコーヒー豆の中でプロしか知らないけど、最高級といわれている豆を探してみた。

世界中で愛用されるようになったドリンクがコーヒーで、コーヒー豆を焙煎、挽いて粉にしてお湯を注ぎ抽出した液体を飲んでいきます。

美味しさを徹底するのは豆で、産地や状態によって大きく変わってきて、飲み比べをしてみればはっきりと分かるはずです。

人によって好みがありますが、美味しさに関しては酸味と苦み、風味、さらに香りが重要になります。

すべてがバランスよく整ってることで、コクやキレのある美味しさが生まれるわけです。

世の中にはさまざまなコーヒー豆がありますが、中には幻、最高級と言われているものも存在しています。

インターネットが広がり、情報収集が容易になった今は知ることはできますが、実際に飲んだことがある人はまだまだ少ないです。

その豆が「コピ・ルアク」といい、ジャコウネコの糞から採取される未消化のコーヒー豆で、産出量が僅かで希少性から高額で取引されています。

説明をされると飲むのに躊躇してしまうかもしれませんが、希少性だけではなく、豆に付随した独特の香りがコーヒーの味わいを深めているのが特徴です。

流通している量がとても少ないですが、探せば少量なら手に入れることができますので、気になる方は一度試してください。

スポンサードリンク