スポンサードリンク

コーヒーメーカーのデロンギ マグニフィカ SAM03110Sの人気の秘密についてまとめてみた。

コーヒーメーカーの中でも高級なブランドとして知られるデロンギで、リーズナブルなのに全自動で使いやすいと評判なのがマグニフィカSAM03110Sです。

この製品は高級家電メーカーのデロンギのコーヒーメーカーの中でもエントリーモデルとして知られており、本体価格は10万円程度と他の全自動モデルのマシンに比べて安めに設定されています。

エントリーモデルですが抽出できるコーヒーの味は本格的と評判で、シルバーのスタイリッシュなデザインは家電というよりも高級家具を彷彿とさせる雰囲気があります。

スポンサードリンク

カフェさながらの高級感のある美味しいコーヒーを抽出することが出来る工夫が随所に施されており、エントリーモデルながら抽出量や温度などは好みに合わせて無段階に調整することが可能です。

エスプレッソをおいしく入れることが出来るグライダーが採用されており、一杯ごとに香りを逃さず抽出できるコーヒーは、一度に2つのカップにそそぐことが出来ます。

海外メーカーのデロンギですが、日本でしっかりとしたメンテナンスを受けることが出来ます。

コールセンターや修理部門など安心して使い続けることが出来るアフターサービスが完備されている点も人気の秘密です。

コーヒーメーカーのデロンギ マグニフィカ SAM03110Sの手入れの仕方についてまとめてみた。

デロンギマグニフィカSAM03110Sは、エスプレッソや二重構造のミルクフロッサーで泡立てたミルクを使用したカプチーノなどを手軽に作れるコーヒーメーカーです。

使用後そのまま放置しておくと内部にカビが発生することがあるので、こまめに手入れをすることが大切です。

日々の手入れはカップトレイやコーヒーのカス受けを洗うだけで問題ありませんが、ミルクフロッサーを使用した場合は、ミルクフロッサーを取り外しミルクコンテナと共に食器用洗剤で洗浄します。

また、長期に使用していると石灰除去が必要となり、スイッチ近くの内部洗浄ランプが点滅することがあります。

その場合は購入時に同梱されている専用の石灰除去剤を使用しミルクフロッサー内部の石灰除去を行います。

給水タンクに除去剤と水1リットルを入れ、ミルクフロッサーの下に1リットル以上が入るボールなどを用意したら、本体の電源を入れ点滅している内部洗浄ボタンを押します。

ボタンが点滅から点灯に変わったらスチームつまみをONの位置まで回すと、ミルクフロッサーからお湯が出て除去が始まります。

20分前後で終了しますが、内部に残っている除去剤を洗い流すため再度給水タンクに水を入れスチームつまみを回しお湯を流すと、内部洗浄ランプが消灯して終了です。

長く使用するために、内部洗浄ランプが点滅したら必ず洗浄するようにしましょう。

コーヒーメーカーのデロンギ マグニフィカ SAM03110Sの美味しくコーヒーを飲める操作の仕方と、これはやってはいけないことを書いてみた。

基本のレギュラーコーヒーは、コーヒーの濃さと抽出量を設定を好みに合わせて設定することが大切です。

コーヒー豆を使う場合もコーヒー粉を使う場合も 抽出量は120mL以上がおすす めです。

新鮮で冷えた牛乳を使ったカプチーノは、このコーヒーメーカーならではの機能です。

スチームミルクと同等でふわふわなフォームミルクを作るポイントはミルクジャグの底につかないようにフロッサー を入れ、ミルクジャグを持って、牛乳を温めます。

この時、牛乳が熱くなり過ぎるとうまく泡立たなくなるので、60~65℃を目安に温めてください。

尚、泡立てるとき、ミルクジャグを上下に動かす必要はなく簡単操作です。

どの機能もわかりやすく、素人でも簡単に好みに合った本格的なコーヒーを楽しめるコーヒーメーカーです。

掃除は、電源のオンとオフ時に自動でお湯が出て抽出口を洗浄してくれるので、手入れは基本豆カスとトレイに溜まった水を捨てて洗う程度なので簡単ですが、やってはいけない事は、冷凍庫や冷蔵庫に入れていたコーヒー豆をすぐ入れない事で結露は故障の原因です。

必ず室内にしばらく置 き、室温に戻してから使うことです。

また、市販のフレーバーコーヒー使えないので注意が必要です。

スポンサードリンク