アルミホイール汚れは、放置しておくと落としにくくなったり、表面を傷める原因となるので、正しくお手入れをすることが肝心です。

 

一般的に、アルミホイールは表面がコーティングされているので、清掃前に状態を確認する必要があるといえます。

スポンサードリンク

 

コーティングが施されている一番の理由はやはり、むき出しだと酸化してしまうアルミを保護することです。

 

つまり、コーティングは素材を守る大切な層ですから、これを維持しつつ汚れを落とす点が重要なポイントとなります。

 

基本にはまず、表面を傷めにくい清掃を心がけ、ダメージを最小限に留める注意点が挙げられます。
アルミより硬い物であったり、間違った方法で汚れ落としを行うと、コーティングを傷めて耐久性を落としかねません。

 

また、傷ついた部分に汚れが付着、蓄積しやすくなりますから、不用意に傷をつけない正しいお手入れの手順の確認が重要です。

 

アルミホイール汚れ落としを始める場合、水洗いできる部分を流水で洗い流し、表面に付着している微細なチリや埃を取り除くことがおすすめです。

 

行き成りブラッシングを始めたり乾拭きを行うと、埃を巻き込んで素材を傷めてしまいます。
更に、傷ついた部分に汚れを刷り込むことにもなりかねませんから、水洗いで大まかに汚れを落とすのは基本中の基本だと考えられます。

 

水洗いを済ませたら、今度は水滴を拭き取って表面の状態や残った汚れの確認を行います。

 

傷つきやすいアルミホイール汚れ落としの主な流れは、水洗いからブラッシング、そして段階的に効果の強い方法を検討することです。

 

最初から強力な方法を選ぶと、傷やそれに伴う光沢、耐久性の低下を招くので、必ずアルミホイールの状態を確認しながらお手入れ方法を選択しましょう。

 

溝に溜まっている汚れは、柔らかめのナイロンブラシで掻き出すのが安全で効果的です。

使い古した歯ブラシでも代用可能ですが、なるべく汚れや埃が絡んでいない、綺麗な状態のブラシを使用することが理想的です。

 

ブラシを使用する時は一方向に、力を入れず掻き出すように汚れを取り除くイメージが、傷を増やさないアルミホイール汚れ落としの心得となります。

 

固まった汚れは段階的に層を削る感覚で、少しずつ上から山を削るように落とすと良いでしょう。

 

ただし、いくらブラッシングしても落ちない場合は、無理をせず次のステップに進むことを考えます。
ブラシで落とせる汚れは、どちらかといえば柔らかめの汚染物に限られます。
乾燥して強力に付着している固着物は、水を含ませると柔らかくなることがありますから、最初の水洗いの段階で落としやすくなっているはずです。
水洗い後にブラッシングをしても落とせない汚れには、中性洗剤で引き剥がしやすくする、安全で効果的なテクニックが有効な場合が珍しくありません。
中性洗剤は素材を傷めにくい上に、水と油を含んだ汚れの親和性を高め、界面活性剤の効果で固着力を緩める作用に期待できます。
やり方は簡単で、綺麗な水を溜めたバケツに少量の中性洗剤を加え、よく泡立てて頑固に付着している汚れに染み込ませます。
ある程度時間が経って浸透したら、柔らかい汚れを落とすのと同じ感覚で、同様に優しくブラッシングを行ってみましょう。
ここまでで落ちない汚れは、既にコーティングを侵食しているか、物理的に傷ついていたり変色していると考えるのが妥当です。
しかし、だからといって諦める必要はなく、磨きの段階で新品に近い輝きを取り戻せる可能性が高まります。
磨きには汚れ落としとは違った注意点こそあるものの、アルミホイールを傷つけない基本を守ることで、安全に輝きが取り戻せる結果に結びつきやすくなります。
アルミホイールの磨きは、物理的に研磨する作業が中心なので、洗うよりも繊細かつ慎重な作業が求められます。
番手の粗いサンドペーパーで磨く、これは危険で間違ったやり方ですから、基礎知識に不安がある場合は基本と手順を一から確認することをおすすめします。
基本的にアルミホイールのコーティングは薄いので、研磨力の強いサンドペーパー、あるいは研磨剤を使うのはご法度です。
アルミの錆が出ていない限りは、アルミ用の柔らかいコンパウンドで十分に輝きが取り戻せますから、まずはこれを柔らかいクロスにつけて小範囲ずつ磨いてみましょう。
コンパウンド磨きが汚れ落としに適しているか否かは、汚れに対する爪の引っ掛かり具合で確認可能です。
爪が引っ掛からないということは、汚れや傷が浅いことを意味しますから、コンパウンドを使った軽い磨きが最適だと結論づけられます。
それより頑固な汚れや深い傷は、ほぼ間違いなく爪が引っかかるので、リスクを踏まえたより強力な磨きを選ぶか、アルミホイール研磨のプロに任せることになります。
大きな番手によるペーパーがけは、どのような汚れや傷も問答無用で削るので、コーティング剥がれや再コーティング前提の難易度の高いアルミホイール汚れ落としです。
再コーティングには下地作りの技術が求められるので、コーティングの残り具合や汚れの付着度合いに応じて、何処まで自力でお手入れを行うか判断することも大切です。”

スポンサードリンク