橋渡しを攻略!クレーンゲームでのワンピースフィギュアの取り方

ワンピースのフィギュアは箱に入っているものがほとんどなので、橋渡しの設定でおかれているケースは非常に多いです。

しかし、この橋渡しは従来のクレーンゲームのように景品を挟んで持ち上げる取り方では取ることができないので、攻略法を理解する必要があります。

スポンサードリンク

まず橋渡しの基本的な取り方は、景品を挟んで持ち上げたり、片方のアームで挟む勢いを利用して動かす、

もしくは景品の端をアームの爪で押して少しずつ斜めにずらすことです。

ある程度斜めにずらすことができて、橋の外側に景品の箱の端が出たら、今度は橋の外側に出ている部分を

片方のアームの爪で押してあげると、景品は手前に落ちるので取ることができます。

もしも手前に景品が落ちるスペースがない場合は、橋渡しの間に落とすしかありませんが、

この場合は、景品が斜めにならないよう奥に景品を移動させて、手前が橋に引っ掛かるようにしてください。

その状態に移動できたら橋の奥の方を狙って景品を持ち上げていきましょう。

次第に手前の引っ掛かりが弱くなるので、これを繰り返せばゲットできます。

【クレーンゲーム】CリングやDリングの取り方を徹底解説

クレーンゲームで箱に入った景品や大きなぬいぐるみなどは、CリングやDリングの設定で置かれているケースが多いが、

これは一見すると1回でゲットできそうな設定ですが、その多くは1回では取ることができません。

このクレーンゲームの中でも難易度が高いとされるCリングやDリングの取り方はとにかくコツコツとずらしていくことです。

基本的にはアームが開いた状態でリングの端っこに爪が落ちるようにして、アームが閉じる力を利用してずらしていきます。

アームが開いたときにリング付近に爪を落とすコツは、アームが閉じている時の

曲がっている部分が開いたときの爪の位置になるので、その辺に合わせると良いです。

ただし、機種や設定によってどのぐらいアームが開くのか異なるので、何回か試して、丁度良い場所を見つけてください。

これさえ分かれば後は左右均等にずらしていけば落とすことができます。

また、閉じる勢いだとあまり動かない時もあるので、その時には閉じたときの爪が

リングに引っ掛かるようにすると動く場合もあるので、これも試すと良いでしょう。

クレーンゲームで取ったフィギュアの原価と転売した場合の相場は?

ゲームセンターの一番人気は、UFOキャッチャーなどのクレーンゲームです。

欲しい景品が入っていると、ついつい熱くなってお金を使ってしまいがちになります。

それではクレーンゲームで景品としてゲットできるフィギュアの原価は、どのぐらいなのでしょうか。

また景品のフィギュアを転売した場合には、どのぐらいの相場で売ることができるのでしょうか。

クレーンゲームにおける景品については、社団法人日本アミューズメント施設営業者協会連合会(AOU)が一定のガイドラインを定めています。

その上限を原価800円程度までとしていますので、クレーンゲームで獲得できるフィギュアの

原価は大きなものは800円程度、小さいものは数百円程度だと考えることができます。

転売した場合の相場はフィギュアの人気によりそれぞれ異なりますが、通常は1個あたり数十円から数百円程度です。

人気シリーズの相場については、ネットオークションなどで確認してみてください。

スポンサードリンク