イタリアに旅行するならJCBプラザを利用しよう!

ひとり旅や気のおけない友達とのバカンスなど、イタリアを旅行中に知りたいことや困ったことがあったときに頼りになるのがJCBプラザです。

イタリア語がわからなくても現地のスタッフが日本語でいろいろと教えてくれるため、サポート力の高いものすごく便利なサービスです。

国際ブランドであるJCBのクレジットカードを持っているだけで利用でき、観光情報や加盟店の案内などが無料で受けられます。

スポンサードリンク

電話対応だけでなく現地に事務所を構えているので、盗難時のサポートやクレジットカードを紛失した時などに心強い存在です。

来店や電話をかける時はJCBカードが必要になるため、紛失や盗難でない限り証明代わりに携帯しておきます。

各種ホテルやレストラン、ツアーやチケットなどの予約ができるため現地の情報がたくさん得られる場として活用することが可能です。

海外に旅行に行く前は必ずJCBプラザの場所を確認してから出発すると安心して滞在することができます。

イタリア旅行でJCBカードは使える?

JCBカードというと、国内専用のため、「海外旅行では使えないのでは?」と思われている方も多いかもしれません。

しかしJCBは「国際ブランド」と呼ばれ、24時間、世界中で決済可能なシステムを導入しているため、基本的には海外でも使用可能です。

そして実際に使用できる場所が多く存在します。

 

一般的にJCBがカードが海外でも使用できるケースとしては「日本人が多く訪れる場所」というのが一つの基準となります。

例えば日本から近い場所であったり、あるいは日本人に人気の旅行先というのがそれに該当します。

イタリアの場合は後者にあたり、主要なブランド品店で多くの場合、使用が可能となっております。

ちなみにVISA、MasterCardは国際ブランドでも非常にメジャーなブランドのため、カード取扱が可能なお店であれば基本的に決済が可能です。

主要なブランド品店以外で買い物をする場合等、JCBが使用できない場合を想定し、これらも持っていくとよいでしょう。

イタリアに行くならキャッシングできるJCBカードを持参しよう!

イタリアを旅行中にお金がなくなったときに便利なのが、JCBカードのキャッシングサービスです。

銀行やホテルに両替に行かなくてもATMさえあれば、現地の通貨で必要な分だけ直接引き出すことができ持参していれば大変便利です。

JCBのマークかCirrusのマークがあるATMで利用でき、JCBカードと暗証番号が必要です。

提携している現地の各金融機関の窓口でもキャッシングサービスが利用でき、JCBカードとパスポートが必要です。

キャッシングしたい旨を窓口の係員に伝えると暗証番号かサインを求められます。

サインの場合はカードの裏面に記載しているものと同じものを記入し、手数料は金融機関ごとに異なるため窓口で尋ねれば教えてくれます。

利用可能枠はカードごとに設定していて、キャッシングサービスの利用上限額を知りたい場合は利用可能枠を照会します。

あといくら利用できるかを知りたい場合は利用可能額を照会し、設定や増額はカード裏面に問い合わせれば相談できます。

スポンサードリンク