スポンサードリンク

まぶらほの特有の魔法についてまとめてみた。

『まぶらほ』は築地俊彦のライトノベル、またはそれを原作にしたアニメ作品です。

この作品は魔法という概念がふつうに存在しているパラレルワールドの現代日本であり、主人公は魔法の能力が著しく低いと評価されている少年式森和樹です。

彼の周囲には個性豊かな魔法の能力を持つ生徒たちがおり、其の中でも特に三人の美少女ヒロインたちは和樹のことを狙ってバトルを仕掛けてくるようになる。

スポンサードリンク

実は和樹自身の能力には関係なく、彼の先祖には偉大な魔術師たちがおり、和樹の意志とは関係なく、その遺伝子(肉体)を求めて熾烈な争いが始まるのです。

その世界の特有の魔法についてですが。

ここでは三人のヒロイン達にの特有の能力について書いてみましょう。

まず宮間夕菜は西洋式精霊魔法です。

水精霊(ウンディーネ)は水を自在に操る精霊魔法であり、攻撃させたり、その精霊をしもべのように使うこともできます。

もう一人のヒロインの風椿玖里子は主に護符と呼ばれるお札に精霊を召喚して宿らせ、人型に変化させ、主に戦闘に使います。最後のヒロインである神城凛は化け物退治を生業としており、剣を扱う能力にたけています。

彼女は実体のない『鬼』を日本刀に取り付かせてその切れ味を高め、戦闘に用いるという『剣鎧護法』という魔法を使います。

いずれも、本来は真剣勝負に使われるべき魔法の技ですが、本編では主人公の和樹を取り合って喧嘩するときに炸裂していることが多いようです。

まぶらほの原作とアニメでの違いについてまとめてみた。

「まぶらほ」の舞台は魔法が存在する、パラレルワールドの現代日本です。

主人公の式森和樹はエリート魔術師養成所に通う、運動・魔法の成績がイマイチの劣等生です。

そんな彼の前に、ある日3人の美少女があらわれます。

彼女らの目的は、和樹の遺伝子をゲットすることでした。

彼の先祖には偉大な魔術師が多数存在しており、和樹の遺伝子を持つ子供は偉大な魔術師になる可能性が高いとわかりました。

こうして彼の平凡な毎日は一変し、波乱万丈の学園生活が始まります。

「まぶらほ」はアニメにもなっており、最後には和樹が幽霊から人間世界に戻ってきます。

和樹の魔法力があまりにも大きすぎるので、彼が生きているだけで世界中に自然災害が発生します。

しかも一度でも魔法を使ってしまうと、世界が滅びると言われています。

その魔法力を吸収するために、舞穂が来たとされているわけです。

アニメでは誰かが和樹にアプローチをかけ、他の誰かが邪魔をする設定です。

そして彼はようやく3人の気持ちに気がついて、全員とキスをします。

本作は古い時代の作品ですが、話の内容は新しいものです。

世界観については、特殊な世界が描かれています。

主人公が通う学校も、普通の学校のようですが魔法学校です。

原作では過激的なハーレムは登場しませんが、アニメでは多少過激な描写が登場します。

まぶらほの主人公でもある、式森 和樹に恋している人をまとめてみた。

まぶらほは、築地俊彦のライトノベルのアニメ第3回龍皇杯優勝作品です。

まぶらほは、短編でストーリー展開が行われるマジカルラブコメストーリーです。

式森和樹は、まぶらほの主人公役、身長170センチ・体重57kgなどのプロフィールを持ちます。

平々凡々な性格、成績は不振、運動音痴、無個性であり何の取柄もない葵学園の2年生です。

しかし体には、世界中各国の偉大な魔術師先祖達から受け継いだ強大な魔力が秘められているのです。

まぶらほのストーリーは宮間夕菜を初め風椿玖里子や神城凜3人の美少女が突然式森和樹の前に現れる所から始まります。

宮間夕菜はヒロイン役で、式森和樹の元に突如現れた転校生です。

式森和樹へのアプローチはかなり積極的に行うのですが、嫉妬深さや思い込みの激しさが半端ではありません。

式森和樹が他の女性に近づいただけで酷い、死刑と称して殺害すらしかねない状態です。

風椿玖里子は葵学園の3年生で風椿家の令嬢、5人姉妹の末娘です。

家の勢力拡大のため、色仕掛けや強引さで式森和樹の遺伝子を狙いますが、接している内に本気で惹かれて行くことになります。

神城凜は葵学園の1年生で、最初は式森和樹の優柔不断な性格を嫌っていたものの、彼の優しさに惹かれ宮間夕菜と取り合う程です。

スポンサードリンク