【天岩戸神社について】

天岩戸神社は、宮崎県高千穂町に鎮座し、日本神話(古事記・日本書紀)の中に書かれております天照大御神様のお隠れになられた天岩戸と呼ばれる洞窟を御神体として御祀りしており、
天岩戸神話の舞台となった場所でございます。
岩戸川をはさんで西本宮と東本宮が鎮座し、両社とも天照大御神様を御祭神として御祀りしております。
川上には八百萬の神々がお集まりになり、御相談をされた天安河原がございます。

img_4276

img_4281

img_4282

img_4287

img_4307

うずたかく積み上げられる石

img_4315

所せましと、いたるところに積みあがっている。

 

 

戦前の写真に石積みが見当たらないことなどから、

戦後に参拝客(観光客)たちの間で自然発生的に生まれた風習

ウィキペディアより引用

 

なぜ、高千穂観光で天岩戸神社のパワースポット、天安河原には石が積みあがっているのか?

 

→天安河原に石積みがしてあるのは、八百万の神々が集まった場所であり、

様々な願い事が叶う場所と言われているため、

訪れた人が石を積み重ねる様になったとのこと。

 

 

 

img_4317

 

神話に登場する天照大神(アマテラスオオミカミ)。

 

img_4265

img_4274

img_4275

img_4279