Windows10を年寄りや、機械音痴の人でもわかる使い方。

Windows10では、一つのWindows10だけでパソコンやノートパソコン、タブレットにスマートフォンなどの携帯端末まで対応ができるようになったので、機器ごとの面倒な設定はしなくてもよくなり、10の機能はそのままに用途によって機械を使い分けたりする使い方ができます

自宅での作業はパソコンで、移動先や外出先で作業の続きをする場合には持ち運びのできるノートパソコンやタブレットなどで作業の続きを行うといった使い方です。

10では、7まであったスタートボタンやスタートショートカットボタンが復活したので、よく使うアプリや機能などを先に設定や登録をしておけば、すぐに使いたいアプリなどにショートカットで素早くアクセスできるようになっています。

設定も分かりやすく簡単にできるので、初心者の方でもお年寄りや機械音痴の方でも自分が使いやすいようにWindows10を変えることができます。

文字を打つのが苦手な方は、Windows10の新機能の「コルタナ」(Cortana)という音声アシスタントを使う方法があります。

起動させて話しかけるだけでWindows10の困りごとの解決方法や使い方などを教えてくれます。

Windows10と、Windows7や、Windows8.1との違いは?

Windows10は現在、最も主流のOSとなりました。

Windows系のノートパソコンやタブレット、スティック型PCやデスクトップPCにインストールされています。

基本ソフトであり、原則としてユーザーが別途インストールする必要はありません。

軽量かつインターフェイスが最も美しくデザインされた最新版のOSです。

Windows7は旧型のOSです。

しかし、その使い勝手抜群のインターフェイスから未だに愛用者が多いです。

WindowsXPの正統進化版でもあり、シンプルなデスクトップ画面と軽量な動作が特徴です。

8以降に実装されたタイル画面やストアアプリが無いのが特徴です。

Windows8.1はWindows8の後継バージョンであり、8の問題点が改善されました。

不評だったメトロモードが縮小され、既存のデスクトップ画面、スタートボタンが復活しました。

ストアアプリが使える、純正のセキュリティソフトが使える等、8.1には独自の利点があります。

初心者から脱出!Windows10の応用編。

Windows10では、それ以前のバージョンと同じように、応用テクニックをいろいろ覚えることが初心者を脱出するためのポイントとなります。

例えば、Windows10にはいろんなアプリケーションをインストールするでしょうが、たくさん導入すればするほど、スタートアッププログラムの数が増え、起動に時間がかかるようになります。

そんなときには、タスクマネージャを開いて「スタートアップ」のタブを選択しましょう。ここではOSの起動とともに立ち上がるプログラムが一覧になっており右クリックメニューで「無効化」を選ぶことで起動させないようにすることができます。

また、キーボードショートカットも代表的な応用テクニックの一つです。

例えば、マウスをドラッグして項目を選択し、コントロールキーを押しながらCを押すとその部分がクリップボードにコピーされ、適当なフィールドでコントロールキーとVを一緒に押すとペーストをすることができます。

また、ファイルを選んでシフトキーとデリートキーを押すと、ゴミ箱に移さずにファイルを削除できます。

Windows10ではこのような操作がたくさん盛り込まれているので、調べて覚えると良いです。