スポンサードリンク

TOKIOの今回の山口さんの事件をまとめてみた。

TOKIOのメンバー山口達也さんが強制わいせつ容疑で書類送検されたというニュースが飛び込んできたのは2018年4月25日のことでした。

事件が起きたのはその年の2月で、テレビ番組で知り合った女子高生を自宅に呼び出して無理やりキスするといった行為に及んだということです。

被害者の女子高生は携帯電話で母親に連絡し、迎えに来た母親と一緒にその家を脱出して警察に被害届を出しました。

スポンサードリンク

警察はその間、女子高生と山口達也さん双方の話を聞いて捜査を続けていたようです。

4月に入ってから山口達也さんは所属事務所に報告し、被害者との間で示談交渉を進めてきました。

警察は厳重処分の意見書を付けて書類送検し、被害者との交渉も和解に達したため被害届も取り下げられています。

事件の報道後、山口達也さんは謝罪会見を開きました。

それからTOKIOの他のメンバー4人も謝罪会見を開いています。

その会見で辞表が提出されたことが明らかとなりましたが、リーダーである城島茂さんが預かっており今後についてはまだ何も決まっていないということでした。

それから改めて所属事務所の社長と城島茂さんが話し合い、事務所との契約を解除することに決まっています。

TOKIOの空船がなぜここまで人気なのかをまとめてみた。

TOKIOは老若男女問わず支持されている国内でも大変珍しいアイドルグループです。

農業や漁業、料理や建築等にバラエティー番組で果敢に挑戦する姿は共感を呼び、福島県の風評被害対策のノーギャラで参加しており、その姿に勇気付けさせれた福島県民は少なくありません。

彼らの大ヒットソングと言えば、空船です。

グループとしてはキャリアも長く多種多彩な楽曲があったTOKIOですが、残念ながらベストヒットには恵まれていませんでした。

空船が人気が出た理由ですが、独自の世界観がある歌詞です。

神話や聖書を連想させる幻想的なフレーズが各所に使われており、一つの文学作品のようなクオリティとなります。

弱い立場に置かれた人、逆境に置かれてもがき苦しんで人を全力で応援する意味合いが含まれており、ボーカルの長瀬智也のハートフルでパワフルな歌声が幻想的な歌詞に命を吹き込み、聞く人々に再チャレンジの精神を宿してくれます。

歌詞は意味深で若干シリアスな部分が目立ちますが、TOKIOメンバーが力を合わせて演奏するアップテンポでリズミカルなメロディがのる事で、非常にポジティブな雰囲気の歌に仕上がっています。

特に疲弊した現代社会では真面目な社会人程苦境に立たされますが、そんな人々を応援するのがTOKIOであり、空船の歌詞とリズムです。

TOKIOの出演しているドラマの中でおすすめなものをまとめてみた。

TOKIOは、ジャニーズ事務所に所属する男性アイドルグループでありロックバンドです。

TOKIOといえば、音楽よりも農業をやっているグループというイメージが強いですが、音楽など以外にも幅広く活動しています。

特に長瀬智也さんと、松岡昌宏さんは俳優としての評価も高いメンバーです。

オススメのドラマはいろいろな作品がありますが、長瀬智也さんの出演作としては「泣くな、はらちゃん」「タイガー&ドラゴン」「白線流し」などが挙げられます。

松岡昌宏さんもいろいろな作品に出演しています。

「必殺仕事人シリーズ」や「名奉行遠山の金四郎」などの時代劇のほか、「高校生のレストラン」「家政婦のミタゾノ」など作品に出演しています。

この二人がドラマなどを中心に俳優を行っていますが、他のメンバーもドラマに出ており、城島茂さんは朝の連続テレビ小説「芋たこなんきん」や「新・奇跡の動物園旭山動物園物語2015」などに出演してます。

国分太一さんは、司会者などを中心に行っていますが「いのちのいろえんぴつ」や「ダンドリ。」などのドラマに出演しています。

ドラマ以外にも映画に出演している作品もあるため、いろいろなTOKIOの顔を楽しめます。

スポンサードリンク