スポンサードリンク

TマネーとTポイントの違いについて。

Tマネーは、Tカードにチャージして利用する電子マネーです。

1000円単位で、最大3万円までチャージすることができます。

チャージすれば、すぐに利用可能です。チャージは、

スポンサードリンク

Tマネー加盟店で行うことができます。

クレジットカードとは違い、チャージした分しか使えないので、使いすぎを防ぐことができます。

Tマネーが使えるお店は、Tマネーのサイトでチェックできます。

Tポイントは、お買い物やレンタルなど、Tカードを利用することで貯めることができるポイントです。

ポイントを貯める方法は非常にたくさんあるので、工夫と研究次第で、たくさんのポイントを獲得することも可能です。

また、Tマネーの利用でも、Tポイントを貯めることができます。

通常貯まるTポイントのほかに、500円利用で1ポイントずつ貯まるので、ちょっとお得です。

貯まったTポイントは、お買い物やレンタルなどで、利用することができます。利用できるお店は、Tポイントのサイトで調べることができます。

Tマネーが使える店と使えない店の違いについて調べてみました。

Tマネーとはカルチュア・コンビニエンス・クラブの子会社が運営している電子マネーのことで、楽天Edyなどと同じように日頃のショッピングで利用できる便利な決済手段ですが、利用できるお店と利用できないお店があります。

その違いは、ひとことで言えばTマネーに加入しているかいないかの違いです。

しかし、Tマネーを利用するとTポイントがたまる仕組みになっているため、Tポイントが使えるお店ではこの電子マネーが使える場合が多いです。

また、Tマネーはロゴマークが定められており、店頭で問い合わせなくても入口などで確認することもできます。

Tマネーが利用できる代表的なお店は、コンビニエンスストアではファミリーマートで、書店では蔦屋書店です。

レンタルビデオ店ではTSUTAYA、ドラッグストアではウエルシアやハックドラッグ、マルエドラッグです。

さらに、スーパーマーケットでは東武ストアで利用できます。

上記は決済とチャージの両方ができるお店で、TSUTAYAオンラインゲームや街のお店では、決済はできますがチャージはできないので注意してください。

Tマネーを賢く使い・ポイントを貯める方法にて調べてみた。

Tマネーとは、身近なお店で気軽に貯めることができるポイントのことで、提携先は170店舗以上あり、実店舗だけではなくネットショッピングなどでも貯めることが可能となっています。

Tマネーは、普通にお買い物をしているだけでも貯めることができますが、お店によってはよりお得にポイントを獲得できる日もあり、例えばファミリマートの場合では通常のお買い物の他に、ファミマTカードでクレジット払いやiD払いをする際にも貯めることができます。

また、ポイントアップ対象商品を購入したり、レディースデーカードを利用したりすることで、2倍以上のポイントを獲得することもできたり、毎月のお買い物金額によってランクが設定され、翌月のポイントが2倍以上になるランクアップサービスもあったりするので、その都度状況を把握しておくことも大事になってきます。

このように意外と知られてないお得な貯め方は他にもたくさんあるので、自分に合った形を探して貯めていくのも賢いやり方といえます。

スポンサードリンク