スポンサードリンク

SMAPの解散した理由について再度まとめてみた。

SMAPの解散は、どのようなことがきっかけになっているのかをインターネットで検索してみることにします。

メンバー同士で、休みたい人と解散が良いという人に意見が分かれたようです。

別な角度からは、香取慎吾さんと木村拓哉さんが不仲という説があります。

そもそも香取慎吾さんはSMAPのメンバーのうちで最年少ということもあり、5歳年が上の木村拓哉さんから奴隷のように使われていたみたいです。

このことが不快に感じて解散になったという噂があります。

SMAPが現役の頃に人気を得ていた料理のテレビ番組でも香取慎吾さんと木村拓哉さんが並んで座っている離れた距離間が話題になっています。

そんなこともあってか、メンバーのリーダーである中井正広さんや草彅剛さんたちを含めて、コミュニケーションにズレがあったようです。

SMAPが解散をしてから香取慎吾さんは絵画をするようになりましたが、このときの定番となっている黒うさぎも4匹だけ描いています。

こちらを察知しても、現役の頃に木村拓哉さんと不仲だった説がクローズアップしてきます。

SMAPの解散を簡単にまとめてみると、やはり香取慎吾さんと木村拓哉さんの不仲が原因のように感じられます。

SMAPの世界に一つだけの花がなぜここまで人気なのかをまとめてみた。

SMAPの世界に一つだけの花が人気の理由としては曲自体の出来の良さもありますが、やはり大きいのはSMAP自体の人気が高いためというのがまずあげられます。

人気アイドルグループが歌う曲であれば嫌でも注目を集めることになりますから、SMAPが歌っているだけで人気になるのもおかしな話ではなく、他のアーティストが歌っていた場合にはこれだけの人気を集めることが出来たかどうか怪しい部分すらあります。

日本の中でもトップレベルの人気を誇るSMAPだからこそ、世界に一つだけの花も多くの人から好かれる名曲となりえたと言えるでしょう。

次に曲自体の出来の良さ歌詞が多くの人に共感をされやすいのも人気の理由の一つだと考えられ、誰もが一度耳にすれば忘れることがないキャッチーな曲調であることに加えて、庶民が共感をしやすい歌詞も多くの人にとって勇気づけられるものといえます。

今の時代は余裕のある人が少ないだけに気持ちも落ち込んでしまうことが多いものですが、そのような時に世界に一つだけの花を聞くことで元気が湧いてくれば、この曲が好きになるというのも無理はないと言えます。

このような理由があることから、SMAPの世界に一つだけの花は絶大な人気を誇る名曲となったと考えられます。

SMAPのおすすめなベストアルバムを探してみた。

日本の音楽史に輝かしい功績を残したSMAP。解散した今、改めて音源を聞いてみたいと思う人も多いはずです。

そこで手に取りやすいのがベストアルバムです。

しかし、SMAPはこれまで6枚のベストアルバムをリリースしています。

その中でおすすめなベストアルバムを3枚探してみます。

ナンバー1は「SMAP 25 YEARS」です。

SMAPの25周年を記念して、ファンリクエストでの選曲です。

「らいおんハート」「世界に一つだけの花」と誰もが知っている曲がシングルと同じバージョンで収録されています。

また、「オレンジ」というファン支持の高いカップリング曲や、他のアルバム曲である「Five True Love」が収録されているのが最大の特徴です。

ナンバー2は「Smap Vest」です。

21世紀に入り、不動の人気を確立したSMAPがデビュー曲「Can’t Stop!!?LOVING-」から「らいおんハート」までの歴代シングルを販売順とは逆に収録したベストアルバムです。

メンバーの声質や歌唱力を遡れる曲順もグッドです。

ナンバー3は「Cool」です。

記念すべき初のベストアルバムです。

収録曲は殆どが一流ミュージシャンを起用した生演奏への差し替え、ボーカル再録音などのアレンジがかかっていて音楽的に価値の高い盤です。

いかがでしたでしょうか。

これを参考に楽しいSMAPライフを送ってください。”

CTLチャンネルの更新情報はこちらから

友だち追加