SDカードと、microSDカードなどの復元の仕方とは?

さまざまな要因から、SDカードやmicroSDカードに保存していたデータが読み込み不可能となってしまうことがありますが、ファイルの損傷の状態によっては、十分復元することが可能です。

これらのカードに採用されているファイルシステムは、ファイルネーム、作成日時、そのデータが何であるかを表す符号などが記録されているヘッダーと、データ本体が、ひとつの組になっています。

オペレーティングシステムが起動した状態で削除するなど、正規の方法で削除を行った場合は、そのヘッダーのみを削除し、データ本体は残ったままになっています。

スポンサードリンク

この仕組みを利用して、仮にヘッダーのみが損傷してデータの読み出しが行えなかった場合は、データ復旧ソフトを利用すれば、多くのケースで、データを復元することが可能です。

それらのソフトには、市販品のものだけではなく、無料で利用できるフリーソフトも存在するため、SDカードやmicroSDカードのデータが損傷した場合には、あきらめてしまう前に、チャレンジしてみる価値はあります。

SDカードと、microSDカードなどのデーターが消えてしまった時の対応の仕方。

SDカードやmicroSDカードに保存したデーターが消えてしまった時には、復元をすると元通りになる場合があります。

SDカードやmicroSDカードの復元はパソコンを使って行うことができ、リカバリーソフトをインストールすると復元が可能になります。

ただし、復元ができるのはパソコンだけであり、スマートフォンではSDカードやmicroSDカードの復元をすることはできません。

パソコンを使用してのSDカードやmicroSDカードの復元の方法は、リカバリーソフトによって違いがあります。

リカバリーソフトの説明書をよく読んで、正しい手順で行うとデーターを復元できます。

ただし、絶対に復元できるとは限りませんので、復元できなかった場合には、データー復旧を専門に行っている業者に依頼することが必要です。

SDカードやmicroSDカードに保存したデーターは消えてしまうリスクが存在するため、大事なデーターは外付けハードディスクなどにバックアップしておくことが大切です。

SDカードと、microSDカードなどのデーターが消えてしまったときに使えるフリーソフト。

SDカードやmicroSDカードのデータが消えてしまったときに使えるフリーソフトはあります。

復元データの検索を行った後に復元可能なデータが一覧表示されます。

その後に保存先を決め保存する方法がデータ復旧の一連の流れです。

また、こういったフリーソフトは検索すれば幾つか出てきますが、使い慣れていなければ日本語に対応したフリーソフトを使うと良いです。因みに海外ソフトでも日本語対応の物はあります。

また、SDカードやmicroSDカードのファイルに対応したFAT形式とexFAT形式の復元ソフトもあるので、リムーバブルディスク専用で使いたい場合には良いです。

また、SDカードやmicroSDカードの保存されているセル等の不具合の場合はフォーマットすれば直ることがありますがデータはすべて消去されます。

フォーマットをせずにデータを復元しても完全に復元できない場合もあるので注意が必要です。

因みにUSBメモリも同じフリーソフトで復元できる場合もあります。

スポンサードリンク