スポンサードリンク

PSO2の上級者が選ぶ、テクターのおすすめな火力特化型のスキル一覧をまとめてみました。

PSO2のクラス(テクター)のスキルには、補助テクニックの効果を高くする物とウォンドの使い勝手を向上させる物が多い点が特徴的です。

その中でも最も最初に取得するべきスキルとして、シフタストライクとエレメントウィークヒットが挙げられます。
シフタストライクはこのスキルを取得したシフタを掛ける事で、ダメージを10パーセント上げられるため火力特化するのに最適なスキルです。

さらにエレメントウィークヒットは弱点属性のダメージ20パーセント、非弱点属性のダメージ10パーセントを上昇させるので、火力上昇の汎用性が高いスキルです。

スポンサードリンク

次にデバンドカットとデバンドタフネスですが、デバンドを掛けたパーティメンバーが戦闘不能になりにくくなるので、継続戦闘能力の意味で火力が高くなります。

ウォンドの攻撃力を最大限生かすならば、サブクラスをブレイバーにしアタックアドバンスの取得も検討できます。

同時にクラス(テクター)のウォンドラバーズとウォンドリアクターを取得すれば、通常攻撃が他の武器カテゴリのPA並みのダメージになるので、取得を強くおすすめします。

PSO2の上級者が教える、テクターの火力特化しながらのうまい戦い方とは?

PSO2のクラス(テクター)は、シフタやデバンド等の補助テクニックでパーティメンバーを強化する形で火力を高めていきます。

より広い範囲のパーティメンバーに掛けるには肩越し視点でタリスを投げ、思い通りの場所にシフタとデバンドを掛けられるようになる事が重要です。

パーティメンバーが状態異常を受けてしまった場合は、スーパートリートメントを取得しているアンティでPP回復効果を上昇させる事もできます。

なので常にパーティメンバーを目視できる場所にいて、適切な補助テクニックを使用してください。

またクラス(テクター)自身が与えるダメージは主に通常攻撃が主体になる場合が多いので、エネミーの攻撃モーションを見分ける経験が必要です。

同時にウォンドギアエレメントを効率的に使うためには、エネミーによって違う効果のある状態異常を把握しておく必要もあります。

特にアルティメットクエストやレイドボスのエネミーは、状態異常を掛ければ一定時間攻撃しなくなるタイプもいるため、パーティメンバーの一斉攻撃という形で火力を上げられます。

pso2のテクターでのおすすめな、タリス・ウォンド・ガンスラッシュをまとめてみました。

PSO2のクラス(テクター)でタリスを使用する場合、主に補助テクニックの使用が目的なので、消費PPを軽減できるレイタリスかユニオンタリスの使用がお勧めです。

攻撃にもテクニック使用を考慮するならば、ネメシスシンボルNTの使用も検討範囲に入れられるので、目的に応じて使い分けをしましょう。

そしてウォンドはラヴィスカノンが最もお勧めできる装備ですが、レアリティ14のため入手手段が非常に限られています。

なのでコレクトシートで入手できるアウラヴェルハールかエッジレボルシオ、バジリスアマドのどれかを使用がお勧めです。

特にアウラヴェルハールとエッジレボルシオは、アリーナブースターを使用すれば別の潜在能力を開放でき、それぞれ火力も高いので十分に実用性があります。

最後にガンスラッシュですが、主に遠距離でのPP回復か移動に使うPAの使用が目的になってきます。

そのため消費PPを軽減できるレイスラッシュかユニオンスラッシュ、またはネメシススラッシュNTの使用がおすすめです。

スポンサードリンク