スポンサードリンク

PNGのサイズ変更・圧縮ができる無料サイトを、探してみた。

PNGのサイズの変更と圧縮ができる無料サイトは、無料オンラインWebツールのOptimizillaがおすすめです。

Optimizillaでは、画像のピクセルサイズの幅×横は変わらないようです。

Optimizillaの特徴は、PNGとJPG形式の圧縮に対応していて最大20枚まで圧縮できます。

スポンサードリンク

また、圧縮前と圧縮後の状態がオンライン上で比べることができるでしょう。

比較的PNG画像の圧縮率が高いようです。

Optimizillaの使い方は、まずOptimizillaのページを開いて圧縮したい画像をパソコンのフォルダからドラッグ&ドロップします。

アップロードボタンから画像を選ぶことも可能です。

また、多くの画像を一度にドロップすることもできます。

圧縮した画像は、ダウンロードボタンを押すと個別の画像ごとにファイルをダウンロードできるようです。

ダウンロードしたファイルの名前は、末尾に-min.pngがつく形になります。

多くの画像を圧縮した場合は、全てダウンロードのボタンを使えば便利です。

ファイル形式は、zipで解凍すれば同じようにして圧縮した画像ファイルを手に入れられます。

また、キューを削除のボタンを押したらアップロードした画像は削除になり新たに20個まで圧縮できるでしょう。

PNGの編集(カット・合成など)できる、フリーソフトを探してみた。

PNGの編集(カット・合成など)できる、フリーソフトで代表的なものとしてはGIMPというものがあります。

これはPNGの編集であればまず何でも出来るというソフトです。

画像の切り出しから、カットや着色、テキストの挿入などさまざまな事が出来て、基本画像の編集でこのソフトで出来ないことは無いと言ってもいいぐらいです。

編集の方法も簡単で、PNGデータを呼び出すとその画像が画面に表示されるので、後は自分のやりたい操作を選択して編集作業をするだけで、やりたいことが出来るようになります。

開発者の好意で常にバージョンアップが続けられていて使い勝手がどんどんと良くなっているソフトでもあり、その機能性の高さから使い方の本も発売されるようにもなっているものですから、これがいかに良く出来たフリーソフトなのかという事が分かるでしょう。

フリーソフトを使用する時の難点として使い方が分からない、マニュアルが無いという事があるのですが、このソフトは使い方を説明する書籍も数多く出版されているのでそうした難点も無くなっています。

ネット上にはこのGIMPの使い方を解説したサイトを作っている人もいますし、使い方を解説した動画をアップしたている人もおり、そうしたもので使用方法を覚える事も出来るようになっています。

PNGを印刷するときに役に立つ、有料ソフトを探してみた。

画像フォーマットには、JPEGやGIFやPNGなどがあります。PNGの特長は1677万色のフルカラーに対応しており、保存しても劣化が無く、背景を透明にする事が出来る点です。

一方で、GIFのようなアニメーション機能はサポートされていません。

PNGフォーマットの画像はJPEGフォーマットの画像よりも印刷するのに適しています。

有料ソフトでPNGフォーマットの画像を印刷するのであれば、写真編集ソフトウェアが適しています。

画像を色々と調整する事ができ、綺麗に整えた上でPNGで保存します。

そして、写真編集ソフトウェアの印刷機能を使えば、印刷をする事が可能です。

PNGはフルカラーに対応していますのでプリンターもフルカラーで出力出来る機種で無ければ、画像本来の色味などを表現する事が出来ませんので注意が必要です。

有料ソフトにはCMYKモードが搭載されていますので、プリンターで一般的に採用されているカラーモードであるCMYKに合わせて印刷をする事が出来ますので色が違うといった現象が起こりません。

豊富な機能を活用していく事で綺麗な印刷物を作成する事ができ、PNGフォーマットの画像を印刷するのに役立つでしょう。

スポンサードリンク