スポンサードリンク

mp4の動画データーの特徴をまとめてみた。

mp4は親元とも言える規格の中にある一部のフォーマットの事を指しスマートフォンや音楽プレーヤー、コンピュータを製造販売しているIT企業がプロデュースしているソフトウェアや製品との相性が良いという特徴があります。

一部のIT企業との相性が突出して高いのは、元来mp4が誕生したのが同社のコンピュータで使用するファイル形式を元にして派生したフォーマットであるという経緯があるためです。

mp4が誕生した事により、それまで動画ファイルを扱いフォーマットとして用いられていたAVIが採用される機会は減少していったのですが、誕生して間もない頃からmp4がAVIよりも選ばれるようになったのは機能の豊富さが関係しています。

スポンサードリンク

しかも、同じく動画ファイルを扱うためのフォーマットであるMKVに比較すると小さなサイズで取り扱う事ができる上に、FLVに比較すると互換性が高いという強みもあります。

他にもMPEG1やMPEG2に比べビットレートが低くても画質が劣化しないという強みもある事から、今日においては動画を扱う上でメジャーな形式として選ばれています。

そのように確固たる地位を築く事ができたのはやはりmp4の互換性の高さであり、OSやスマートフォンなどに左右されない上に家電にも採用させられるので、まだまだ伸びしろがあるフォーマットです。

mp4の使うメリットとデメリットをまとめてみた。

mp4のメリットは、他の形式のフォーマット等と比較して機能が豊富だという点です。

インターネット等の動画をアップロードする時も、ファイル容量が少ないため使いやすいというメリットもあります。

mp4はいろいろなアプリケーションソフト等で再生する事が可能な点も、大きなメリットの一つです。

市販されているDVDプレーヤーなどもmp4に対応している機種が多いため、手軽に動画などを再生して視聴する事ができるメリットもあります。

DVDプレーヤー以外にも、パソコンやスマートフォン等で使いやすいのも大きなメリットです。

特別な再生ソフト等を用意しなくても、手持ちのパソコンやスマートフォンで簡単に再生する事ができます。

手軽に編集する事ができたり圧縮率が高を高くできる点もmp4のメリットです。

メリットの多いmp4ですがデメリットもあります。

使う時のデメリットは、音声のビットレートを低く設定すると再生時に固い感じで聞こえてしまう点です。

高画質で大きいサイズの動画等を再生する場合、mp4は技術的に不向きというのもデメリットの一つになります。

パソコンやスマートフォンやDVDプレーヤーなどで広く使えるmp4には、このようなメリットとデメリットがあります。

mp4を変換でdvdを作れるフリーソフトを探してみた。

動画や音声の記録に用いられるmp4ファイルはdvdとコンテナが異なるため、プレーヤーで再生できるよう書き込むには、DVD-VIDEOの仕様に準拠した形に変換してくれるオーサリングツールを使用する必要があります。

フリーのオーサリングツールはWindows7とVista標準の「Windows DVD Maker」のほか、「WinX DVD Author」や「Freemake Video Converter」、「DVD Flick」など数多くリリースされており、好みや用途に応じて使い分けが可能です。

WinX DVD Authorは、タイトルメニューの作成や編集のほか字幕の追加にも対応しているため、オーサリングに限らず基本的な動画編集作業も含めてこれ1本で事足ります。シンプルで見やすい画面も特徴で、使いやすさに定評があるツールです。

Freemake Video Converterは、動画編集や字幕追加以外に、スライドショー作成等にも対応しています。

DVD-VIDEOフォーマットのほかBDフォーマットでの書き込みにも対応しているため、ハイビジョン動画の変換など幅広い用途で利用できます。

DVD Flickも他のツールと機能的には変わりませんが、ImgBurnとの連携が可能です。

スポンサードリンク