スポンサードリンク

mp3の音声データーの特徴をまとめてみた。

音声データにはいろいろな種類が存在していますが、その中でもmp3は知名度も高くて大変ポピュラーな存在です。

もっとも有名とはいえ、その特徴や機能などはよくわからないといった場合もあります。

そこで簡単にmp3について説明してみましょう。

スポンサードリンク

まず音声をデジタル化したデータは、基本的にWAVとして保存されることが一般的です。

しかしこのWAVはデータ量が大変大きく、そのままの状態ではかなりの負担になります。

そこでWAVを圧縮することでサイズを小さくする技術が開発され、この圧縮データの一つがmp3です。

たとえば最小可聴限界と呼ばれるとても小さな音を消したり、大きな音にかき消された小さな音をマスキングとして消すといったことを実行し、データを圧縮しています。

もっとも圧縮するというと、データが劣化してしまいそうに感じますが、mp3はCD並の音質を保つことが可能であり、それゆえに音質の良さと容量の小ささという機能性が認められ、インターネット音楽配信や携帯音楽プレーヤーの再生フォーマットとしても採用されています。

ちなみに著作権保護の仕組みも存在していないため、フリーソフトなどにもよく利用されており、インターネット上でも幅広く普及しています。

mp3の使うメリットとデメリットをまとめてみた。

mp3の音声を使うメリットは、使用できる音楽プレイヤーが多いことです。

ソニーのウォークマンからAppleのiPod、一般的なスマートフォンやパソコン、タブレットなど再生できる端末が非常に多くあります。

だから、mp3を再生させるために特別なソフトウェアをインストールする必要がないので楽です。

他には、mp3はサイズが軽量なので内部ストレージの小さい音楽プレイヤーでも大量のファイルを持ち運びすることができます。

USBメモリやメモリーカードなどを持ち運んでデータを輸送する等の手間が省けるので、手軽に音楽を楽しむことが可能です。

それだけでなく、mp3にはファイル名だけでなく、製作者や音楽グループなどの情報を付加することができます。

これによりmp3ファイルの管理が簡単になり、お目当てのファイルを見つけやすくなりました。

デメリットは、圧縮率が高いので人によっては低音質であると感じる点です。

ただし、CD音源とmp3音源の音質の差が分かる人はほとんどいません。

人間にわからないように音質を圧縮しているのがmp3です。

圧縮方法にも音質を維持した状態で圧縮する方法もあるので、こだわる方であればそちらを選ぶことで対策できます。

mp3の編集できる、フリーソフトを探してみた。

自宅でmp3を手軽に編集するためには、高額な編集ソフトを購入する必要があるとイメージしている方は多いですが、実際は無料で配布されているフリーソフトでも十分に編集を行うことが可能です。

数多くのフリーソフトの中でも特に高い人気があるのが「AudioEditor」です。

このAudioEditorはmp3ファイルをカットしたり、分割や、結合が可能なMPEGオーディオファイル編集ソフトになっています。

一般的にmp3の編集にはエンコードが必要になることが多いのですが、エンコードを行ってしまうと音が劣化してしまう特徴がありましたが、このソフトはエンコードをしないので、音の劣化を防ぐ事ができます。そのためラジオ番組等のCM編集を行いたいと思っている方に向いています。

実際にダウンロードをして、利用する場合に使用するファイルは「AEditor.exe」のみなので、他のレジストリを利用する必要が無いのも人気の理由となっています。

ソフトの動作自体も非常に軽く、どのようなパソコンでも快適に利用することが出来る点が大きな魅力の一つです。

ファイルを編集する場合はファイルを直接ウインドウにドラッグ&ドロップするだけで完了です。

 

スポンサードリンク