スポンサードリンク

黒子のバスケで登場したバスケット技は本当にできるのか調べてみた。

黒子のバスケで登場したキセキの世代の必殺技です。

本当にできるものと実現不可能なものがあることがわかりました。

主人公の黒子テツヤはそれほど高性能な能力は持っていないため、実現可能な技が多いです。

スポンサードリンク

黒子が使う加速するパスですが、これは実現している選手がいます。

サイクロンパスも同様です。

高速のパスなので受けるほうも大変です。

一方、黒子の影を薄くする能力ですが、これは実現不可能という意見が多いです。

影が薄いという人はいますが、相手が認識できないほどなので、現実には無理です。

主人公が持つとんでも系能力であり、ファンタジーの世界と考えたほうがいいでよう。

黄瀬涼太の完全無欠の模倣(パーフェクトコピー)は、身体能力が優れた選手ならば可能です。

マイケルジョーダンのプレイを完璧にコピーしたと言われているコービー・ブライアントなどが有名です。

他人の技をコピーするというのはリアルでもよくある話です。

黒子のバスケを語る上で欠かせないのが、緑間真太郎の超長距離シュートです。

超長距離を決めるということは物理的には可能ですが、100%入れるということは不可能でしょう。

100%決まる超長距離シュートは実現不可能であると言えます。

普通の3Pシュートですら、100%決めるということはできません。

黒子のバスケのキャラクターの紹介を書いてみた。

漫画『黒子のバスケ』で主人公である登場する「黒子テツヤ」といえば、帝光中学「キセキの世代」幻の六人目(シックスマン)として天才5人から一目置かれる存在と認識、活躍したプレイヤーです。

本人の身体能力は驚くほど低く、けっしてバスケットプレイヤーとしてのスキルに長けているわけではありません。

短所であり長所でもある「影の薄さ」を武器に活躍するスタイルを確立します。

必殺技はミスディレクション(オーバーフロー)、サイクロンパス、イグナイトパス(廻)、バニシングドライブ、ファントムシュートです。

一時的に赤司の必殺技「エンペラーアイ」を真似たこともあります。

基本的なプレイスタイルは「影」として味方を生かすものなので、ほかのチームメイトの力量いよって絶対値が変わってしまうという難儀なものです。

自身はプレイヤーとして二流以下のスキルしかないため、ほとんどをチームメイトである「火神」のサポートに費やします。

キセキの世代のチームメイトは誰もが強力な武器と才能を持っていて黒子の手に余る存在です。

秘めたる才能を持つ火神の存在によって彼らを打ち負かしていく痛快なストーリーは彼あっての物種と言っても過言ではないんでしょう。

黒子のバスケのキャラクターソングのおすすめを書いてみた。

黒子のバスケのキャラクターソングはCD化されているものとされていないものを含めると数多くあります。

CD化されてないものは、アニメのDVDなどの特典映像についているディスクに収録されています。

「TIPOFF!!~○○ver~」といって各キャラクターが同じ曲を違う歌詞で歌っている曲があります。

CD化されている曲は、主人公のチームからキセキの世代、そのチームやデュエットなど。個人的におすすめしたい曲ベスト5を紹介します。

5位秀徳高校「INDOMITABLE」

これは緑間のチームワークの良さやチームが掲げる「不撓不屈」の精神が表れています。

4位火神&青峰「ULTIMATEZONE」

2人がゾーンに入ってバスケの試合をしているのが伝わるようなかっこいい曲です。

3位キセキの世代「REAGALGENERATION」

キセキの世代全員で歌っていて、帝光中学の前向きで無敵だった時代の気持ちなどが伝わり楽しめます。

2位黒子&火神「同じバニラの風の中」

主人公の好物のバニラシェイクからきていて、練習終りにメンバーと飲みながら語りあかしているような曲です」。

バスケ中とは違う、日常のシーンが素敵です。

1位黒子テツヤ「キミが光であるために」

主人公の性格、プレイスタイルが伝わる曲で、彼がどんな気持ちで影に徹しているのかが伝わり応援したくなります。

スポンサードリンク