スポンサードリンク

Ipodシリーズの歴史についてまとめてみた。

Ipodシリーズは全世界で愛されてきたポータブル音楽プレーヤーであり、当初はハードディスクを搭載しているモデルが主力でした。

ハードディスクを搭載している為、非常に多くの曲を入れる事ができ、発売当時のユーザーから大きな支持を得ていました。

近年では、フラッシュメモリーを搭載したIpodが主力となっており、ハードディスクのように大容量の曲数を入れる事が出来なくなったと同時に、耐久性が高くなっています。

スポンサードリンク

Ipod nanoやIpod Shuffle、Ipod Touchといったように、個性的なモデルが多数存在していますので、ユーザーの用途によって適したモデルを選べます。

しかし、nanoとSuffleは生産終了となっており、現在入手し易いモデルはIpod Touchだけです。

このモデルは、アプリストアから自由にアプリをダウンロードして使う事が出来ます。

つまり、モバイル通信機能を搭載していないスマートフォンと考える事が出来ます。

Wi-Fiを通じてインターネット接続が出来ますので、他のモデルよりも汎用性が高いのが特長です。

Ipodシリーズは音楽の楽しみ方をより身近なものにしてくれた製品です。

多くの人々に愛されてきた事で、モデルチェンジを繰り返して使い易い製品として認知されてきました。

Ipodシリーズの中でもIpodtouchがまだ人気があるのはなぜなのか理由を探してみた。

Ipodシリーズの中でもipodtouchは未だに世間の人々から愛されています。

ipadやiphoneの登場によって、少しマイナーな存在になっている感は否めません。

しかし根強い人気があり、appleファンの方々もちろん、大勢の消費者がtouchをまだ現役で使い続けています。人気の理由ですが、まずは何と言っても値段がお手頃な点です。

iphoneなどのメジャーなapple製品は高機能が嬉しいですが費用対効果は普通となります。

touchの方は費用対効果が抜群に良く、そのためandroidやwindowsしか利用した事がない方々が言わば入門用として、お試し感覚で気軽に使えます。

次にキャリア契約が不要な点です。

既にスマートフォンを持っていると、appleブランドに関心があってもiphoneを新規契約するメリットは低いです。

touchは丁度iphoneからキャリア契約を削ったようなガジェットであり、Wi-Fiでネット利用は普通に出来ます。

Wi-Fi専用のiphoneといった使い方ができ、いわゆる二台目のスマートフォンとして代用出来ます。

iphone専用のアプリやゲームをお手軽に使う事ができ、月額利用料が新しく掛からないため、実はappleファン以外の方々からも支持されています。

Ipodシリーズのそれぞれのベストな使い分けをまとめてみた。

Ipodシリーズは長年多くのユーザーに愛用されてきたポータブル音楽プレーヤーです。

製品毎に個性があり、それぞれユーザーの音楽鑑賞スタイルによって選ぶべきモデルが変わってきます。

スマートフォンと同じ操作で音楽を聴くのであれば、iPod Touchが適しています。

スマートフォンとほぼ同じように扱えますが、通話が出来ず、オンラインサービスを使うのであれば、モバイルルーターなどと無線LANで接続しなければいけません。

iPod nanoやiPod Shuffleは超小型のプレーヤーであり、ある程度の曲数を聴く事が出来て、荷物を大幅に軽くする事が出来れば良いと考えている人々に適したモデルです。

とても小さな製品ですので、ユーザーは愛着を持ち易く、いつでも音楽を楽しめます。

nanoの中にはカメラ機能を持っていた物があり、ちょっとした写真を撮影する事も出来ました。

しかし、最近ではnanoとShuffleの新モデルを出さず、iPod Touchだけが販売されています。

その為、nanoとShuffleを入手したいのであれば、中古市場で探す必要があるでしょう。

iPod Touchはストアで音楽を購入する事が可能ですので、最も汎用性が高いモデルです。

スポンサードリンク