スポンサードリンク

xperiaから、iphoneXにデータ移行ができるかどうかを試してみた。

Androidスマートフォンのハイスペック人気モデルであるxperiaから同じくハイスペックスマートフォンであるiPhone Xへと乗り換えを考えている人は大勢いるでしょうが、xperiaとiPhone Xでは搭載されているOSが異なるため、写真データや電話帳データなどをきちんと移行できるかどうか不安に感じる人は多くいると考えられます。

果たしてxperiaからiPhone Xへデータ移行はできるのでしょうか。

結論から言いますとデータ以降は非常に簡単にできます。

iPhone Xの初期セットアップなどが全て終わった後はApp Storeで配信されている「iOSに移行」というアップルの公式アプリをインストールすることで簡単に行えるのです。

このアプリを起動したら項目の中から「Androidからデータを移行」を選択し、同意するのボタンをタッチします。

するとiPhone Xにコードが表示されるので表示されたコードをxperiaに入力することでデータ移行ができます。

iphonXからxアプリでのやり方と、iTunesでの違いについてをまとめてみた。

xアプリは2011年にsonyが開発した音楽・画像管理転送ソフトで、今ではsony製品だけでなくApple社製製品にもプリインストールされており世界各国のユーザーから支持されています。

新発売されたiPhone Xにもxアプリが標準インストールされていますが、Apple社の音楽管理ソフトであるiTunesもインストールされているのでどちらを使用しようかお悩みになる方もいらっしゃるでしょう。

二つのソフトの違いとおすすめについてご紹介していきます。

まずxアプリはインターネット経由で音楽をダウンロードすることは出来ません。

既にスマートフォンに入っている音楽をxアプリを使って自分好みの曲リストを作ったりタイマー音に設定するなど、カスタマイズするために使用するアプリです。

簡単な機能しかありませんが、その分使いやすさに長けておりオフライン状態で利用出来ます。

iTunesの場合は、インターネット接続を行なえば音楽を購入することが出来、購入後はいつでもストレージ形式で曲を聴く事が出来ます。

しかし常にオンライン状態にしていないと利用が出来ないため、通信料金が必要になるのが特徴です。

 

iphone xの手帳型ケースのおすすめランキングベスト5を出してみた。

「Fyy 手帳型ケース ストライプ柄」は、外側の手触りが良いPUレザーと内側の柔軟性のあるTPUでiPhone Xを衝撃や傷から守ってくれます。

カードポケットの充実はもちろん、横置きスタンド機能もあるので、動画の視聴や電子書籍の閲覧などにもおすすめです。

「Spigen 手帳型ケース ウォレットS」は、シンプルなデザインでありながらもポケットが4つあり、適度なグリップ感とソフトな肌触りが手に馴染みやすいケースになっています。

「LENSUN 手帳型ケース 本革」は、外側に2色を張り合わせた本革を採用しており、使い込むほどに風合いが増していくのが特徴です。

ボタン付きイヤホンホルダーも付いているので、音楽を楽しみたい人にもおすすめです。

「Rssviss 手帳型ケース」は、外側に風合いのある合皮レザーを使用しているので、シックで落ち着きのあるデザインが好きな人におすすめです。

「iPhone X 手帳型ケース 薄型」は、内側の部分に伸縮性のあるTPUが採用されていて、本体を隙間なくフィットさせることができるので、手に馴染みやすいケースが好きな人におすすめです。

CTLチャンネルの更新情報はこちらから

友だち追加