スポンサードリンク

iPhone Xのアニ文字の初心者でもわかる、使い方とコツとは?

iPhone Xでメッセージアプリを起動して、メッセージの投稿画面でApp Storeアイコンをタップすることで好きなアニ文字を選択できます。

使用するアニ文字を決めたらiPhone Xのカメラに自分の顔が映るように位置を調整します。

カメラが顔を認識すると画面の右下に録画アイコンが表示されます。表示された録画アイコンをタップすることで録画が開始され、表情がアニ文字に反映されると同時に音声も録音されます。

スポンサードリンク

10秒まで撮影することが可能で、撮影が完了したら画面の右下に表示される停止アイコンをタップすることで録画を停止できます。

録画を停止すると送信ボタンと削除ボタンが表示され、削除して録画をやり直したり相手に送信することができます。

アニ文字を使う場合のコツとしてカメラに顔が認識されない場合には、明るい場所で顔を撮影して背景に他のものが入らないようにする方法があります。

周りが暗かったり他のものがあるとカメラが誤作動する場合があります。

iPhone Xのアニ文字を使うときの注意事項とは。

先日、iPhone Xが発売されました。様々な機能が追加されましたが、その中でも話題になっている機能が「アニ文字」です。

アニ文字は、撮影した自分の表情や言葉を、動物などのアニメーションにして送ることができる機能です。

つまり、オリジナルの絵文字を作ることができるのです。しかし、使うにはいくつかの注意する点があります。

まず、iPhone X端末がないと作れません。

iPhone Xに搭載されている専用センサーで表情などを読み取るので、そもそも端末がないと作ることは現時点では不可能です。

次に、使用場面が限定されます。

アニ文字を作ったとしても、使える場面は限られていて、iPhoneの既存アプリであるApple Messageのみ使用可能です。

Android端末ユーザーには送っても楽しめないので、気を付けましょう。

現在はこのように使える範囲に制限がありますが、同様のアプリや機能がAndroidにも搭載されれば、iPhoneユーザーだけでなくAndroidユーザーも楽しめることができるでしょう。

iPhone Xのアニ文字、他のiPhoneでも利用できるかどうかを実験してみた。

アニ文字とは、iPhone Xのメッセージ機能で、犬や猫の顔を使用しボイストークを残す事ができる機能のことです。

メッセージ機能の「新規作成」にて、「アプリ」ボタンをタップすると犬や猫などのアニ文字が下に表示されます。

アニ文字はカメラを認識し、自分の表情に合わせてキャラクターの顔が動いてくれます。そして表情と音声を録画し、LINEスタンプの様に使用する事ができます。

しかしこの機能、iPhone X以外の他のiPhoneでは実は利用することができません。

ですが、この「アニ文字」に近い機能をiPhone X以外で使用する方法があります。

それが「SUPERMOJI」というアプリです。

アプリはAppstoreからダウンロードできます。

アプリを開き、下から動物アイコンを選択、録画ボタンをタップすると、同じように動物の顔を使い自分の表情を録画できるようになります。

録画を終了させ下のアイコンからフェイスブックやインスタグラムに投稿が可能になっています

結果としては、「アニ文字」はiPhone Xのみの機能ですが、他のiPhoneでも似たようなアプリが存在するという事でした。

スポンサードリンク