iPhone Xと、iPhone 8の、違い一覧表にしてみた。

2017年の発表会で同時に発表された2台がiPhone XとiPhone 8ですが、同じiPhoneという名前が付いているものの大きな違いがあります。

まず、256GBのiPhone 8は95800円なのに対し、iPhone Xは129800円となり3万円以上も高値が付けられているのです。

そして、iPhone XとiPhone 8の外見を見比べた場合、同じ機種とは思えないほどの違いが見受けられ、その理由は長年下部に存在していた丸いホームボタンが無くなっている事が関係しています。

スポンサードリンク

そのため、2つの端末は見た目だけに限らず操作の仕方も異なり、iPhone 8ではホーム画面に戻る際にはこれまで通りホームボタンに触れますが、iPhone Xでは起動しているアプリケーションの下部にある白色のバーを上方向に持ち上げると、下からホーム画面が現れます。

また、iPhone 8にはゴールドが用意されていますが、iPhone Xには存在しないカラーなので、ゴールドのスマートフォンが持ちたいという強い希望があるのなら必然的に選ぶ方が決まります。

最新型のiPhone 8と、iPhone 7の細かいところまで書いてみた違い一覧

新しく登場したiPhone 8ですが、前世代のiPhone 7と比較すると、まずディスプレイの機能として、周囲の明るさによって色を調整する機能が搭載されるようになりました。

ニューラルエンジンという機械学習機能を持つ、高性能チップA11 Bionicが組み込まれています。

4Kビデオ撮影ができますが、fpsが向上し30fpsだけでなく60fpsに対応、また24fpsにも対応できる幅広さを持っています。

ワイヤレスに充電できるのがメリットです。

Qi充電器に対応しており、USBコードの煩わしさから解消されています。

但し、従来のUSBコードによる充電方法でも可能です。

素早く充電できるよう、機能が向上しています。30分で最大50%も充電できるほどです。

無線通信規格のBluetoothのバージョンが新しくなっており、Bluetooth 5.0に対応可能です。

iPhone 7にあった32GBと128GBの容量がなくなり、代わりに64GBが加わっています。

「次の10年に向けた新しい製品」といわれている、iPhone Xの凄さとは?

iPhoneシリーズ10周年記念プレミアムモデルであるiPhone Xは、iOS11とA11 Bionicによる完全64bit化により、高度な演算処理が可能になったのはもちろんのこと、5.8インチの全面ディスプレイという大幅なデザインの変更に伴い、ホームボタンが廃止となり、ディスプレイサイズが向上したにも関わらず、ベゼルレスデザインと相まって、5.5インチモデルに迫るコンパクトなボディを実現しました。

また、指紋認証のTouch IDに代わる手段として、フロントのTrueDepthカメラによる顔認証のFace IDが採用されました。

Face IDには学習機能があり、ヒゲ、メガネ、化粧などの有無や、加齢による変化も認識し、確実な本人確認が行えます。

認証を行うには、自らの意志で目を開いた状態でTrueDepthカメラを見つめなければならず、指紋認証のように、就寝中などに本人が意図せずに認証されることもありません。

iPhoneXは、これまでに無いさまざまなテクノロジー満載の、まさにプレミアムモデルと言える仕上がりとなっています。”

スポンサードリンク