今までのiosと、ios11の違いは?

 

Apple機種の最新osは、ios11へとバージョンアップします。

一番の目玉は「ARKit」です。

カメラに写った現実世界に機種上の様々なものを組み合わせることができるAR技術が高いクオリティで提供され、創造性能が格段にアップしています。そしてiphoneからのファイルブラウジング機能が追加され、パソコンのように内臓やicloud上のファイルを簡単に管理することが可能になりました。
その他、日常で使用する部分においてもサポートのバリエーションが増えています。

コントロールセンターを自分でカスタマイズできて自由度が広がったり、片手で使いやすいようにキーボードが左右どちらかによるモード選択が可能となります。

おやすみモードには運転中という選択肢が付け加えられ、カメラはQRコードの読み取りに対応できるようになります。Siriは通訳機能が付き、さらに使える秘書としてレベルアップします。

また、AppStoreも姿を変え、新しいデザインへとなっています。

ios11の最新機能は?

スマートフォンやタブレット端末に向けて1年に1度リリースされるiOSの最新版がios11であり、例年通り2017年も秋に正式版が配信開始されました。

既に成熟した印象のある携帯端末用のOSですが、毎年予想外の新機能が盛り込んでいてユーザーを熱狂させ話題になっています。

ios11でも相変わらずなお一層利便性が高められる機能が盛り込まれているのですが、突出して目を引くのが一切外部の装置を用いることなく、現在ディスプレイに映し出されている映像が記録できるというものです。

下方向から指をスライドさせるだけで現れるメニューの中にある録画ボタンを押せば、すぐに記録が開始されるのでユーザーインターフェースの具体的な概要を説明したい場合などに重宝します。

また、ios11では近年巧妙化し深刻な被害をもたらしているウイルスなどにも対策が施されており、個人情報が満載のスマートフォンなどをさらに安心して使えるようになっています。

年寄りや、機械音痴の人でも、分かりやすいios11の使い方は?

ios11は、これまでのiosより進化した新しいOSになります。

様々な新機能が追加されますが、お年寄りの方や、機械音痴の方にもわかりやすいよう、ios11の使い方を説明します。

ios11では、コントロールセンターのカスタマイズができるようになりました。

自分の使いたい物だけを表示させることができるので、自分があまり使わない機能を削除することが可能です。

この操作は非常に直感的なものなので、お年寄りの方も、一度自分の使うものだけを表示させるよう設定することが可能で、以後は自分に合った使い方をすることができます。

新しく買ったiphoneをこれまで使っていた物に近づけるだけで、設定をコピーできる機能も新しく追加されました。

ios11では、これまでのように新しい端末を購入した時に設定に手間取ることが無くなるでしょう。

このように、ios11は、お年寄りの方や機械音痴の方にとっても使いやすく、悩みづらいものになっています。”