スポンサードリンク

Ipadシリーズの歴史についてまとめてみた。

Ipadシリーズは2010年1月にアメリカサンフランシスコにてはじめて開発が発表されました。

開発そのものは2002年にプロトタイプが作られていました。

2010年3月に第一世代がApple社で予約受付開始されます

スポンサードリンク

アメリで販売が開始されると当日のみで30万台が飛ぶように売れました。

ダウンロードされたアプリの数100万本でした。

同年5月には日本やその他スイスやイギリスなど9ヶ国にて売り出しが始まりました。

アメリカでの売れた台数が多すぎて

本来4月に販売予定でしたが生産ラインが追いつかないため一ヶ月ずれ込んだのです。

大手携帯会社のSoftBankが、

Ipadを発売開始して各国でWi-Fi版が売り出されました。

2011年3日2日には第二シリーズを開始。

日本での販売も

行われる予定でしたが東日本大震災に考慮して4月へ延期されました。

2012年は第三第四世代と次々発表されます。

この年は今までのシリーズに加え小型版のIpadminiも開発されます。

KDDIも販売に参戦しました。

翌年にはIpadAri、2015年にはiPadProなど多岐に渡るユーザー向きにあらゆるシリーズが開発されて行きます。

現在Ipadは6世代までででいます。

これからもユーザーに便利な端末であり続けます。

Ipadシリーズにお勧めなワイヤレスキーボードを探してみた。

タッチで操作できるIpadシリーズは、キーボードと組み合わせるとより使いやすくなります。

Ipadシリーズに最適な、ワイヤレスキーボードを紹介します。

価格の安さで選ぶなら、Ankerのウルトラスリムワイヤレスキーボードがおすすめです。

Bluetoothで接続するこのキーボードは、iOSはもちろんAndroidやWindowsにも対応しており、長く使える一品です。

重量は200グラムと非常に軽く、外出時にも気軽に持ち歩くことができます。

省電力モードが搭載されているため、バッテリー切れを気にする必要もありません。

質感や見た目の良さで選ぶなら、KVAGOのワイヤレスキーボードを検討してください。

本体が非常に薄く作られており、Ipadシリーズ本体よりもスリムに仕上がっています。

質感も良く、シャンパンゴールドを始めとする本体に合わせたセレクトが可能です。

PUレザーケースが付属しているため、タブレット全体を衝撃やキズから守ることができます。

キーにはバックライトが内蔵され、暗い場所でのタイピングにも最適です。

ビジネス用途に使っている方には、LOGICOOLのK370sがぴったりかもしれません。

他のワイヤレスキーボードと異なりテンキーが付いており、数字入力の作業を快適にしてくれるからです。

切り替え用のボタンを押すだけで、複数端末間でのタイピングも自由自在に行なえます。

Ipadシリーズを、apple watchにリンクする方法をまとめてみた

Ipadシリーズはタブレット端末の中でも人気が高いシリーズであり、世界中にユーザーがいます。

 

apple watchは第2世代になって、単独で通信が出来るようになっており、通信キャリアのプラン契約をして設定を行えば、モバイルデータ通信が使えます。

Ipadシリーズにもセルラーモデルが存在しており、それを購入してキャリアのプラン契約を行っておけば、Ipadシリーズも単体でインターネットを使えます。
Ipadシリーズをapple watchに直接リンクさせる機能はありませんが、現在行っている作業を共有させる方法は存在します。

メーカーでは連携機能を用意しており、Ipadシリーズやapple watch、その他の関連製品とシームレスにデータをやり取り出来る環境を構築する事が可能です。

使うアプリは、Handoffやユニバーサルクリップボード、セルラー通話やSMS/MMS、Instant Hotspotなどです。

これらのアプリを導入しておけば、いつでも現在行っている作業の続きが出来て、apple watchやIpadシリーズなどをより一層便利に使っていく事が出来るようになります。

複数の端末を所有していて、出来るだけ荷物を減らしたい場合には、このような連携機能を上手に使いこなす事が大切です。

スポンサードリンク